1. ホーム
  2. たるみ
  3. ≫顔のたるむ原因は、脂肪の量と筋肉。こける人との違いと筋肉ケアとメイク法

顔のたるむ原因は、脂肪の量と筋肉。こける人との違いと筋肉ケアとメイク法

肌のたるみ

たるむ?こける?エイジングケアの違いとは!

顔立ちへのエイジングケアの現れ方には、さまざまありますが、歳を重ねるほどに、たるむか、こけるか。

この2つに分かれます。

あなたは、

・たるむ人

・こける人

どちらですか?

年齢とともに起こる

「たるみ」

「こけ」

のメカニズムそれぞれに、スキンケア方法は異なります。

さらに、スキンケアだけでなく、悩みを軽くすることができる、メイクテクニックまで。

<原因は、肌より奥にある!>

肌と呼ばれるのは、角層、表皮、真皮まで。

その下に脂肪(皮下組織)と筋肉があります。

化粧品でアプローチできる深さは表皮までで、美容クリニックのエイジングケア施術でも真皮までの働きかけが多いです。


たるむ人の特徴とは

全体的にふおっている、もしくは若いことから顔の肉つきが良いタイプです。

顔だけでなく全身の肌がやわらかく触り心地のよい人は、遺伝的に脂肪がやわらかく、支える力が弱い可能性が高いです。

やわらかいと、重力に負けてたるみやすく、影もできやすくなります。


こける人の特徴とは

全体的にやせている、もしくは太っても顔に変化が表れにくいタイプです。

顔の脂肪の量が少ない人は、たるみより額やこめかみ、頬の加齢による脂肪の萎縮が目立ちます。

頬骨の高い顔は、影ができやすいため、よりこけて見えやすいといった特徴もあります。

「たるむ」か「こける」か、最大の違いは、脂肪量と筋肉

たるむ、こける、を決定付けるのは、脂肪量と筋肉です。


たるむ、こける,いずれかは、誰にでも加齢でも起きます。

どちらも顔を実年齢より上に、実際よりも疲れた印象に見せてしまいます。

この顔立ちの違いを表す、最大の原因の一つに、「脂肪の量」が関係しまs.

そもそも「たるみ」とは、

加齢で脂肪が下垂することです。

年齢とともに誰の体内でも脂肪を支える力は弱くなり、重力に負けやすくなります。

そして脂肪は萎縮もします。

それゆえ年齢とともに、脂肪が多い人はたるみが目立ち、脂肪が少ない人は、たるみにくいぶん脂肪の萎縮が目立って、こけるようになります。

大前提

太っているか、痩せているかが、たるむか、こけるか

の最大の違いです。

さらに、脂肪の量だけでなく、脂肪の質の遺伝もありまs.

遺伝的に脂肪の支えの力が弱い、つまり肌がやわらかくのびやすい体質であれば、脂肪が少なくても、「たるみながらこける」という現象が起きます。

脂肪を支える力

主に皮下組織の脂肪細胞同士を結合させている間質細胞ー皮下組織に依存するコラーゲンのこと


体内の細胞は、作る機能、と壊す機能、の働きで、代謝して常に新しい細胞に置き換わっています。

しかし25歳を過ぎると徐々に「作る機能」は、衰えて、逆に「壊す機能」は衰えません。

結果、間質細胞がどんどん脆弱になり、重力に負けやすくなりあmす。

たるみやすい人は、食事も注意する

支える力、すなわち脂肪層の間質細胞であrコラーゲンを作るためのタンパク質と鉄、ビタミンCが十分に摂取できていないと、たるみやすくなります。

この3つの栄養素は、肌を支える組織の材料です。

どれか一つが欠けても必要な細胞は作られませんから、いくら先端の美容法を試したところで、「材料が足りていないため効果がでない」ということなります。

たるむ、こける、に筋肉が必要な理由

50代からは、歯のケアができているか、が顔立ちに影響します

筋肉の大切さと、筋肉に影響を与える歯のケアが、かなり重要です。

50歳前後は、歯を保てている人と悪くする人の差が顕著です。

それなりに免疫力のあるうちは差が出にくいのですが、40代後半を過ぎるとけあの度合いが確実に歯に表れます。

たとえば昔の詰め物の老朽化やすり減りによって、歯の噛み合わせが変化したり、歯周病などの悪化でよく噛めなくなることが出てきます。

アンバランスな噛み合わせによって、使えていない顔の筋肉は痩せて、使う筋肉ばかりが発達するようになります。

頬の筋肉が衰えると頬はこけますし、筋肉の鍛え方次第では、たるんだ頬も持ち上がります。

私達は、加齢によるたるみとこけを「肌の衰え」とヒュメン的に認識しがちです。

しかし、

実は、肌の下にある脂肪と筋肉の経年変化にこそ、根本的な問題があります。

「たるむ」人、「こける」人に共通する理論

対策は、「ぬいぐるみと同じように考える」


たるみとこけは脂肪と筋肉の影響を受けています。

そうなると、日々のスキンケアでは、どういった対策が必要でしょうか?

対策は、「ぬいぐるみと同じように考える」

たるみやこけは、中綿が劣化したぬいぐるみのような状態です。

簡単に言うと、たるんだ肌は、中綿の弾力がなくなってふにゃふにゃになっているぬいぐるみです。

こけた肌は、中綿が硬くなってしぼんだぬいぐるみです。

しかし、中綿がどのような状態であれ、ぬいぐるみ表面の布にハリがあれば新しく見えます。

肌も同じです。

スキンケアでは表皮までしかアプローチができませんが、それでも表面にハリや弾力があれば、見た目は若々しく見えるでしょう。

たるんだ肌とこけた肌は、真皮の状態にも違いがあるそうです。

<たるんだ肌とこけた肌の違いの分岐点>

30歳前後から始まる!

・ネット上の真皮の構造がキレていくタイプ
・硬くなっていくタイプ

この2つにわかれます。
そして、表面化するのが、40代に入ってからです。

ネットが切れるタイプは、脂肪を抑えきれず、たるみとして表れます。

ネットが硬くなるタイプは、しぼんだように薄くなり、こけて見えるようになります。

このように真皮、そして脂肪や筋肉が劣化した中綿になってしまった場合は、どうすれば良いのでしょうか?

基本的には、

ハリや弾力を目的とした化粧品を選ぶこと

・シスレー
・SK-Ⅱ
・エスティ・ローダー

の高性能クリームが代表です。

最先端の説得力あるハリや弾力に対する研究の成果が一番集まって、製品化されています。

顔のたるむとは、スペシャルケア

「クラランス」のマスク&マッサージ

さらに、必要な成分は、「コラーゲン」と「ビタミンC」です。

クリームの高機能性と比べると地味な印象ですが、肌が新しいコラーゲンを生成するとき、ビタミンCが必要になります。

なので、ビタミンCを効率よく肌に働きかけることができる「ドクターシーラボ」のゲルは、かなり優秀です。

また、ホルモンバランスの変化が自身のたるみやこけに影響を与えている実感がある場合は、アリユーのクリームもおすすめです。

たるむ人の肌の中は?

真皮のネットがあちらこちらで切れて、支えとして機能しなくなった状態です。
ぬいぐるみでいうと、中綿がもろくすかすかになった状態です。

脂肪が雪崩を起こすかのように、見た目ではたるみとして表れる。


こける人の肌の中は?

ネット状であるはずの真皮が萎縮して硬くなった状態。

ぬいぐるみでいうと、中綿がぺたんこに潰れたような状態になっています。

この状態で脂肪もすk内人は、表面上さらにこけた印象が目立つことに。

たるむ人向け!ハリと弾力を叶える高機能クリーム3点

1.肌密度が上がるような内からの手応えを感じたいなら

◯シスレイヤ インテグラル
シスレージャパン
50ml 49,000円

シスレイヤ インテグラル

17年におよぶ研究結果を盛り込み、昨年刷新されたベストセラークリームです。

遺伝や環境、行動に起因する老化にまでアプローチ。

2.見た目印象が変わるほどの「上向き」のハリ実感が欲しいなら

◯マスターピース クリーム
SK-Ⅱ
50g 55,000円

sk2マスターピース クリーム

傑作の名にふさわしい「SK-Ⅱ」最高峰クリーム

独自成分「超濃縮ピテラ」に新成分を処方し、見た目で納得のハリ肌に。

3.健やかな弾力を叶える肌本来の力を呼び覚ますなら

◯シュープリームプラス トータルクリーム
エスティーローダー
73g 15,500円

シュープリームプラス トータルクリーム

肌の若さの鍵を解き放つように働きます。
究極のハリと弾力を追求して処方されたクリームです。

特別なケアを叶える!オススメコスメ3選

1.もたついた印象を毎日10分でスッキリさせたいなら

◯トータルVラップ
クララランス
75g 7,300円

クラランストータルVラップ

重力をかんじさせる肌を速やかに整えるムース状パック。
10分おいて洗い流すと、顔立ちがすっきり。

2.ほかにない浸透型のビタミンCで効果的に栄養補給するなら

◯VC100ゲル
ドクターシーラボ
80g 4,800円

vc100ゲルドクターシーラボ

効果実感が高い評判の独自成分、浸透型ビタミンC(APPS)をゲルに。
洗顔後ひとつでスキンケアを終了してもよい、使いやすい新製品です。

3.形状毛穴記憶に着目!!毛穴のたるみに

◯RED B.A スムージングセラム
ポーラ
60g 10,000円

ポーラRED B.A スムージングセラム

大人の毛穴目立ちをケアします。

毛穴のたるみに悩んでいる人ほど、朝の乳液に変わって使ってください。

しっとり弾ける肌が新鮮です。

39歳 36歳 42歳
星評価 星4個4 星5個5 星4個4
使用期間 2017年7月〜
2018年1月
2017年4月〜
9月
2017年11月〜
2018年3月
3ヶ月以上
の理由
朝だけしか使わないものなので、とても長持ちしました。

なくなるまで使いました。もっと安ければ、さらに使い続けたかもしれません。

暑い時期の朝のメイクは、気分が乗りませんが、このスムージングセラムのしゅわしゅわ感がスッキリとメイクをさせてくれ、やみつきになりました。 スムージングセラムを進めてくれた友人にも、最低3か月は使ってみてと勧められたからです。

実際、毛穴が引き締まっていくような感覚を体感できていたので、3か月以上は続けることができました。

それ以上続かなかったのは、やはり価格が高めだったからです。

比較 オバジのC10セラムも検討していました

20代のときにニキビケアでオバジシリーズを使用していました。

香りはあまり好きではありませんでしたが使用感が気に入っていたため、30代の毛穴にも効果が期待できるのではないかなと思っていました。

しかし、友人から香りは相変わらずイマイチだし、刺激が強いという話を聞きました。

その時にスムージングセラムがよさそうとすすめてもらいました。

大人の毛穴をケアしてくれるというので、一度使ってみることにしました。

アルビオンシーバムコントロールエッセンスを使っていましたが、刺激が強すぎて肌がヒリヒリしてしまいやめました。

スムージングセラムは、刺激が強くなく、気持ちが良いしゅわしゅわ感で大好きです。

毛穴対策として、ファンケルの化粧品を試してみました。

「マイルドクレンジングオイル」「ポアエッセンス」「ポアクレンジングパック」をセットで試してみましたが、お試しセットだったこともあり、量が少なく効果を実感できるほどではありませんでした。

マイルドクレンジングオイルは、毛穴に詰まった汚れが、よく落ちる感覚を感じることができました。

何番目に
使用
粧水の後、2番目に使用しました。

化粧水は、ナチュリエのスキンコンディショナー、ファンケルのホワイトニング化粧液、資生堂のレシピストという順で変えていますが、どれも相性が悪いとは感じませんでした。

化粧水の後に使いました。 2番目です。

化粧水の後につけていました。

決め手 友人のすすめと、大人の毛穴をケアしてくれる美容液というところが気に入りました。

また、日焼け止めにもなるところがいいなと思いました。

美容雑誌に載っていて、すごく惹かれたからです。 友人がポーラの販売員をしていたからです。

私が毛穴が気になることを相談したら、毛穴対策にはこれが1番だと、スムージングセラムを勧めてくれました。

私以上に化粧品や肌ケア商品に詳しい友人に勧められたことが、購入の決め手となりました。

肌質
テクスチャー
最初の印象は、おもしろいテクスチャーだと感じました。

ムースを肌にのせてなじませると、肌がしっとりする感じがしました。

求めていたふっくら感も感じられましたが、夏のせいでべたつきが少し気になりました。

しゅわしゅわするテクスチャーに驚きましたが、毛穴が締まるように感じました。 クリームや水溶性のものばかり使用してきたため、泡で出てくることに最初は少々戸惑いましたが、想像以上に伸びがよく、少量でしっかりと潤ってくれるのでとても驚きました。

これまで体感したことのないテクスチャーだったので、衝撃が大きかったですがとても気持ちがよく、肌への付け心地がとてもいいです。

泡が肌に吸い付く感じが、とても気に入っていました。

副作用 特に刺激などを感じることはありませんでした。

毛穴ケアのコスメは乾燥してしまうことがありますが、スムージングセラムは問題なく使用できました。

ありません 最初の2日間、少しだけヒリヒリしたので、使用をやめようかと思ったのですが、3日目からは何も感じなかったのでそのまま使用を続けました。

副作用というほどのことではなかったかもしれませんが、配合されている成分に、肌が反応したのだと思います。

赤みやほてりなどといった、目に見えてわかる症状はありませんでした。

詳細レビュー 詳細へ 詳細へ 詳細へ

たるむ人の筋肉ケアすべき場所!1ヶ月でたるみにくくなる

目の下の三角ゾーン、この筋肉を1ヶ月鍛える


日々のマッサージは、たるむ人にも、こける人にも大事です。

注目すべきは、目の下の三角ゾーンです。

なで、ここかというと、

これは、マッサージというよりも、顔の筋トレとほぼ同じです。

目の下の三角ゾーンは、年齢とともに痩せます。

20代では盛り上がっている人が多いですが、この部分の筋肉は日常生活で使われにくいため、年齢とともに衰えます。

三角ゾーンの筋肉が鍛えられると、たるむタイプの人は頬が全体的に上がる実感が得られるはずです。

こけるタイプの人も三角ゾーンを鍛えると、目立ちやすい顔の中央にハリが出るため、目の錯覚でこけた印象が目立たなくなるというメリットがあります。

さらに使えわれていなかった筋肉がほぐれて弾力を取り戻すと、リンパや血流の循環がよくなり、肌の代謝も上がります。

たるむ人にもこける人にも有効な筋トレですが、特にたるむ人にはわかりやすい結果が待っています。

三角ゾーンの「え、お、え、お」体操とは

口を縦にあけて体操します。

1.頬を2本指で触れ、動かす筋肉を意識します。

人差し指と中指で、鼻に近い頬を押さえます。
(ほうれい線の始まる場所)

そのまま「え、お、え、お」と言いながら、口を動かします。

「え」といったときは、前歯が見えて小鼻が開く形を目指しましょう。

指で触ることで、使っている筋肉を意識しながら行うことが大切です。

2.1ケ所で10回。これを8ケ所行います。

「えおえお」を1セットとして10回行います。

10回おえたら、押さえる位置を上に移動させていきます。

再び10回。

ほうれい線の少し右側に移動して、上と下の2回。

左が終われば、右側も。

朝晩1ヶ月ぐらい続けていると、ほうれい線が1cm短くなった、という人もいるぐらいです。

ほうれい線1cmは、6歳分に相当しますよ。

「え、お、え、お」体操でやってはいけないこと

口を横に開くこと!

鏡を見ずに無意識に「え、お、え、お」体操を行うと、ほとんどの人が口を横に開きます。

こうすると、違う部分の筋肉を鍛えることになるため、ほとんど効果がなくなります。

しっかりと、鏡を見ながら、縦に口を開けることを意識してやりましょう。

顔がこける人は、コラーゲンケアを強化するべき理由

こけて貧相になった肌の硬さや弾力のなさは、コラーゲンの劣化架橋が原因


コラーゲンは、現在28種類あります。

肌の真皮のコラーゲンは、主に、

・Ⅰ型

・Ⅲ型

・Ⅴ型

です。

ほとんどが、Ⅰ型です。

Ⅰ型コラーゲンは古くなると、コラーゲン分子同士の「架橋」と呼ばれるネットが増えて硬くなります。

コラーゲンのネットは生理的に必要な架橋以外に、歳とともに増える老化架橋というものがああります。

この老化架橋の増加のために、ネットが硬くなった状態は、ぬいぐるみの「中綿」が潰れた状態とほぼ同じです。

一方で、コラーゲンのネット(架橋)が切れることはたるみの一因ですが、これは悪いとも言い切れないのです。

架橋が切れてしまうのは体内の酵素の働きによる場合と、紫外線や放射線による場合があります。

酵素で切れるぶんには、正常なターンオーバーですから問題ありません。

美容的に、Ⅰ型コラーゲンの代謝はかなり大切です。

ネットが切れず、肌が硬くなった、こけるタイプの人は、Ⅰ型コラーゲンが必須です。

積極的なケアのためには、コラーゲンの代謝に着目した化粧品を使うのがオススメです。

新しいコラーゲンを生むための経口摂取もあなどれません。

昔は、コラーゲンを食べてもほとんど体内ではアミノ酸に分解されるので、吸収されず無意味、という説が多かったのですが、近年は違います。

3分の1はアミノ酸にまで分解されず、2、3個のアミノ酸で構成されたペプチドとして吸収されることが一般的とされています。

このペプチドは、細胞培養で肌に良い影響を与える結果が出ています。

コラーゲンの代謝に使いたいオススメコスメ3選

1.不要なコラーゲンを捨てる発想の化粧水

◯アスタリフト モイストローション
富士フイルム

アスタリフトモイストローション

写真フィルム技術の応用で、革新的な化粧品を生み出す「富士フイルム」。
この化粧水は、ダメージを受けたコラーゲンはクリアにすべきという新発想に、独自のナノテクノロジーで挑みます。

さらに水溶性と浸透性のコラーゲン、ピココラーゲンの3種類を配合し、ハリにアプローチします。

2.コラーゲンメーカーの要冷蔵の「生コラーゲン」

◯スキンケアクリーム ナノアルファ
ニッピコラーゲン化粧品

スキンケアクリーム ナノアルファ

服部先生の研究所で得られた知見がふんだんに盛り込まれたロングセラー商品です。

洗顔直後につかうことで、肌のコラーゲンと同じ構造をもつ生コラーゲンと浸透力の高いナノコラーゲンが二重に働きます。
2つのコラーゲンとグリセリン、見ずのみの処方で、完全無添加ゆえ要冷蔵です。

3.肌のハリを司るコラーゲンの源に着目

◯エリクシール シュペリエル エンリッチドセラムCB
資生堂

エリクシール エリクシール シュペリエル エンリッチドセラム

コラーゲンの大切さが認知される前から研究を重ね、その成果の集大成として1983年に誕生したのが、「エリクシール」です。

以来コラーゲンの最新知見と搭載し進化を重ねています。
ブランドの顔を担う美容液は、コラーゲン誕生の源に迫るかのような総合力の高さ。

顔がたるむ人のメイクのコツ

顔上部に目線がいくように作る


たるみによる顔の影をメイクで消すダイレクトな方法もありますが、それだけでは全体のたるんだ印象は消せません。

確実に印象を変えるためには、パーツにシャープさを出すこと。

そして、一番たるみの目立つフェイスラインに人の目がいかないよう、目線を上に集めるメイクをしましょう。

特にポイントとなるのは、顔全体の印象を左右するチークとハイライトの入れ方。

これだけでも、たるんだ印象が上がる実感が得られるはずです。

また、前提となるファンデーション選びも重要です。

昨今の下地やファンデーションは機能性に優れているため、視覚効果でたるみを目立たなくさせるポイントメイクより、見た目の差をつけやすいです。

顔がたるむ人の5つのメイクテクニックとは

1.ベースメイクは、ハリの出るタイプを選ぶ

たるむタイプにオススメの下地とファンデーションは、この2つ。

肌に光を集めるツヤが出てきます。
顔にハリを与えるだけでなく、たるみによる顔の影が全体的に腫れます。

◯ルナソル スムージングライトメイクアップ

ルナソル スムージングライトメイクアップ

オレンジ系のパール配合で、素肌感のある明るい肌に。
ファンデーションとの相性が考え抜かれた下地。

◯スキンモデリングパウダーグロウ

スキンモデリングパウダーグロウ

パウダー形状でありながら、磨き込まれたようなツヤを肌に与えます。

粉っぽさの内、ハリのある肌が完成します。

2.眉は眉山に角度をつけて顔に「折り山」を作る

眉山に角度をつけると、顔の正面と側面の境い目を強調できます。

つまり平面的な顔を、側面で折りたたむような「山」を作る効果があり、のっぺりとした印象を払拭できます。

眉山は、白目外側の延長上に作ること。

ここは頬骨のライン上でもあるため、自然に顔を中高に見せられます。

3.唇の輪郭を少し大きく。頬の余白を減らす

地の唇の色に馴染むヌードカラーのリップペンシルで、上下とも口角から中央に向けてふくらみを足すようにオーバーラインを描き、その上から愛用の口紅を重ねます。

唇を少し大きく作るだけで、目の錯覚で、頬からフェイスラインのもたついた余白を感じさせない効果が。

4.チークの入れ方こそ顔立ちを変えるポイント

チークを頬から丸みに小さく円を描くようにのせたあと、こめかみに移動して、顎先までシュッとひと筆。

次に、右のハイライトを、最初に入れたチークをぼかすように頬の内側(黒目の下)に。

一気に顔がリフトアップしたように見せられます。

5.ほうれい線の影んは、そのままハイライトを塗る

肌に密着してくすまない、リキッドタイプのハイライターをほうれい線の影にそのまま塗ります。

塗ったあとは、指でトントンと馴染ませます。

シワに使っても自然に馴染む、みずみずしい使用感のアイテム選びが成否をわけます。

これだけでほんとうに明るく見えるので、ぜひお試しを。

顔がこける人のメイクのコツ

パーツをそれぞれ膨らませる


こける人には、

顔全体の的なゴツゴツとした骨っぽさに、女性らしさを与えるメイクが必要です。

顔のやせた感じと影を、解消するメイクが必要なんです。

まずは、下地で肌色を血色よく整えてふっくらした土台を作ります。

そして肌の貧相な印象は「透明感のある厚み」を足せるファンデーションで補っておきます。

オススメは、イブサンローランのファンデーションです。

オールシーズン使えて、保湿力もあり、乾燥肌でも大丈夫です。
パフを上向きに動かし、肌をリフトアップさせるように塗りましょう。

厚塗りに見えないので、躊躇せずにしっかり塗ったほうが肌がプリッとします

メイクで、特徴的なのは、顔にメリハリを与えてしまうチークをあえて控えめにしている点です。

その分、広範囲に血色と垢r差を足しています。

ベーエ酢メイクとチークで顔全体にボリュームを与えた上で、パーツメイクでもそれぞれのパーツに色と光の効果で膨らみをもたせるように描きます。

ひとつひとつの膨らみはさりげないものですが、顔全体で見ると影を感じさせない威力を発揮します。

こける人の5つのメイクテクニック

1.ベースメイクは、肌を「盛る」タイプを!

こけるタイプにおすすめの下地とファンデーションはこれ。

肌に均一な膜をはりょうな新ファンデーションと、肌色を瞬時に見違えさせるバラ色のスキンケア下地。

こけた顔がボリュームアップします。

◯トップシークレット CCクリーム ローズ
SPF35 PA+++

肌を曇らせる影を薄膜でカバーします。

色の補正効果が高く、幸福感のある肌を叶える。

スキンケア効果にも優れた下地。

◯アンクル ドポーコンパクト
SPF23 PA++

高いカバー力がありながら素肌のような質感。

痩せた肌でも中身の詰まったような、均一で美しい仕上がりに。

2.眉の上と目の下には、ピンク系の光沢ハイライト

顔のこけた目立たせる、目の下と、眉と髪の間の2ケ所にハイライトを入れます。

特に目の下の三角ゾーンは、顔全体をふっくらと見せる鍵です。

また、ハイライトの質感と色選びが重要です。

淡いピンクベースで、繊細な光沢を放つハイライトを使うと、肌をふっくらと見せる効果が高まります。

3.唇には中央にのみピンクのグロスを重ねる

ふだんは口紅のみでグロスは使わないという人でも、痩せた唇は顔のこけた印象を増幅させるため、こけを気にするのであればグロスは必須です。

口紅を塗った後、唇に中央にのみ、光を集めるグロスを重ねます。

地味な方法ながら、唇に立体感が生まれてこけた印象を払拭する力はなかなかのものです。

4.頬の広い免責に仕込みチークを入れておく

頬をふっくらと見せる明るいピンクのチークは、頬の大きく塗りましょう。

頬骨全体を囲み、影が気になる頬骨の下まで、おにぎり形に淡く入れます。

これは頬紅というより頬全体の血色を高めるための「仕込み」のイメージです。

しっかりメイクをする日は、仕込みチークの上から、自分のふだんの入れ方でチークを重ねても大丈夫です。

5.目元にはパールの効いた桃色のリキッドを使う

顔がこけやすいタイプは、まbたも落ち窪みやすい。

アイシャドウの選び方次第では、目元の影を強調してしまう危険もあります。

選ぶのは、動きに強く密着力の高いリキッド状の桃色アイシャドウです。

まぶたのくぼみをオーバーするように広めにのばすことで、影が目立ちにくく。

<この記事を読んだ人に好評です>

ビーグレントライアル「たるみ・ほうれい線」3人口コミ|毛穴、頬、目元、口元は?

3ヶ月〜でわかった!!ビーグレン「Qusomeリフト」3人口コミ効果|たるみ、ほうれい線、使い方は?

まぶたたるみを改善する完全攻略ガイド!原因、見たくない3つ真実・4つ改善策とスペシャルコスメ

顔のたるみを正す!予防・体操・化粧品は間違い。筋肉を正すが正解

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

たるみ コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。