顔のたるみを正す!予防・体操・化粧品は間違い。筋肉を正すが正解

顔のたるみ

顔のたるみを全身の筋肉から正す方法

顔がたるむのは、皮膚の老化だけが原因ではありません。

猫背や凝り固まった筋肉からくる姿勢のゆがみが集約された結果が顔のたるみとして表れます。

50代以上の世代は、たるみケアは姿勢を正し体の筋肉を整えることから始まります。

えっーーーー

目元のエイジングケアとかじゃないの?

と思ったかもしれません。

今までとは違う、一手間かかるたるみケア、を実践して、友達の一歩先を行きましょう。

  • 若いね!
  • 何かあったの?

って言われる日々が待っています。

顔だけケアしても、たるみは防げない

つまり、若々しい輪郭は、全身から作られる!

という事実です。

たるみケアは、体をゆるめ、美しい姿勢から始まります。

あなたには衝撃!?

<たるみケアの3つの新常識>

1.姿勢から正す
猫背、肩甲骨が動かないと、たるむ

2.口腔から正す
食いしばりをしていると顔はたるむ

3.たるまない皮膚に正す
シワ改善で肌そのもののハリを出す

顔のたるみは、姿勢の崩れから始まる

顔がたるんでいる人は、体もたるんでいる。

この事実から目を背ける人が多いです。

深く入ったほうれい線やフェイスラインのもたつきは、実は体の筋肉に原因があるからです。

一番の問題は、姿勢です。

背筋を伸ばす筋力は、50歳を境にガクッと衰えるので、背骨が本来のS字カーブを保ちにくくなり、猫背のほうが楽になります。

椅子に座って猫背の姿勢を取ってみてください。

骨盤が後屈し、肩甲骨が外側へ傾き首が前に傾きます。

この大勢で鏡を見ると、顔はひどくたるんでいるでしょう?

骨盤を正しく立てれば背筋が自然とピンと伸び肩甲骨も寄ってきます。

視線が水平になると顔の見た目年齢は10歳は違ってきます。

猫背が習慣化すると、必然的にたるんでいます。

<姿勢が悪くなることで出て来ること>

・猫背
・お尻が四角になる
・おなかが出てくる
・首にシワが寄る
・顔がたるむ


これらは全部、繋がっています。

姿勢の悪さが顔のたるみの原因になるメカニズムとは

表情筋は顔だけにある

って思っていませんか?

実は、広顎筋という一番大きな表情を作る筋が、肩や鎖骨の下から口元まで伸びているのです。

つまり、顔の表情筋は、体幹とつながっています。

そして、広顎筋の奥には頭を支える胸鎖乳突筋があり、両者は、筋交いのようになっています。

猫背で胸鎖乳突筋がゆるむと、広顎筋もゆるんで、垂れ下がります。

その結果、口角が下がり、輪郭がたるみます。

ここで勘違いする人が多いのですが、顔の筋トレを励もう、という人がいます。

顔トレブームがあったからです。

でも顔トレをしたからといって、たるみを予防できないのは、この体幹とつながっていることでわかると思います。

顔のエクササイズだけではダメなんです。

人間の体は、皮膚1枚でつながっています。

年齢的に全身の皮膚も筋肉も硬くなってきます
顔だけ部分的にエクササイズすると、かえってシワができてしまいますよ。。。

肩甲骨まわりの柔軟性がたるみ予防の鍵

肩甲骨

姿勢を正すことがたるみケアの第一歩です。

なかでも鍵を握るのは、肩甲骨です。

肩甲骨の柔軟性を高めることが一番重要です。

肩甲骨を動かす増帽筋は、頭蓋骨下部から背中の中央まで広がる大きな筋肉です。

背中が丸まったままの猫背でっこが凝り固まると、後頭筋も連動して硬くなります。

すると前頭筋だけで目を上げるようになるため、額にシワがよりやすくなります。

そうなると、皮膚がゆるみ始めるんです。

また、背中が凝って呼吸が浅くなると、首の筋肉を使って呼吸しようとして力が入り、たるみの原因となる食いしばりにつながります。

顔だけのリフトアップだけをすると、すぐに戻るのは、肩甲骨がカバーできてないからです。

全身からアプローチする!というのが本当のたるみケアです。

体の筋肉がたるむと顔もたるむ

全身の筋肉はつながっています。

眼輪筋、口輪筋から首もとの胸鎖乳突筋や広顎筋など表情筋同士がつながり、首もとから三角筋や大胸筋などの肩や脇の下、上腕二頭筋、上腕三頭筋などの腕、そして僧帽筋や広背筋などの背中へとつながります。

全身の筋肉をほぐすことが顔のたるみ解消につながります。

たるまない!正しい姿勢をくせづける寝方のテクニック

睡眠中の首、肩、背中、腰の筋肉の緊張を取り除くのに、枕が大事です。

首の後ろが浮かないよう、丸めたタオルを枕にして隙間を埋めます。

また、膝裏からふくらはぎを足枕にのせて、腰のそりを防ぎます。

眉間が水平、目線が垂直になるよう、タオルで高さを調整。

脚枕は適度な硬さのものを使い、脚が水平になるようにしましょう。

1.姿勢を正す!筋肉をゆるめ、整え、たるまない体にする方法

ほぐすための方法〜5ステップ〜

想像以上に疲れている腕と肩、背中まで滞りをゆるめる

使う道具は、下記です。

ドクターエア 3Dマッサージロール

Amazonで購入する

楽天市場で購入する

1
腕の内側を肩から指先へ小刻みにローリング

このマッサージローラーがオススメです。

軽くて強力です。

意外と見落とされがちなのが腕の疲労による滞りのケアです。
まずは、腕からほぐしましょう。

上腕の内側つけ根から指先まで小刻みに振動させ、心地よく凝りをほぐします。


2
腕の外側も同様につけ根から指先までほぐす

続いて、外側をつけ根からローリングします。

腕の外側には凝りがたくさんあります。

特に前腕は指へとつながるラインにハリ感や滞りがあることが多いので、丁寧にローリングしましょう。

両手で2〜3分を目安にします。

終わると肩や首が楽になっている、と気づくはずです。


3
鎖骨の下のくぼみ部分デコルテをローリング

ローラーを鎖骨の下のくぼみに当て、軽く上下させながら、1〜2分を目安にローリングします。

凝りがゆるむと呼吸が入りやすくなります。


4
肩甲骨まわりの硬い筋肉を解消

ローラーを専用のカバーに入れて肩にかけ、肩甲骨まわりに当て、少しずつずらしながら1〜2分を目安に周辺をほぐします。

肩こりにも効果的です。


5
背中全体を心地よくゆるめる

タオルで背中を洗う感じで、斜め、続いてまっすぐローラーを背負いながら、肩甲骨の上下、腰まわりなど背中全体をほぐします。

上半身をゆるめてゆがみを正す習慣を作る

見た目の変化、とくにリフトアップが変わると、ほんと周りからの反応がかわります。

だからこそ、しっかりとやりたいところです。

骨のゆがみと筋肉の滞り、全身をつなぐ筋膜の硬直、それらを効果的に解消することで、骨と筋肉を本来あるべき位置に戻します。

その状態こそが、その人のベストな姿勢となり、最も美しいたるまない体となります。

たるみの原因

肩周りの疲労とゆがみです。


上半身をゆるめることで、顔まわりに滞っていたたるみが引き上がります。

さらに、驚くのが小顔効果です!

凝って引き上がっていた肩の位置が下がることで、それによって首が長くなるからです。

誰もが、自分の動作のくせでゆがみを少しずつ作ってしまいます。

放おっておくと顔のたるみはもちろん、ボディの崩れ、ひいては体調不良にもつながります。

だから、ゆるめることが毎日必要です。

正しい姿勢へくせづけるトレーニング

トレーニングでほぐした筋肉をもとに戻さない

===「上半身を支える背中」にくせづける===

1.肩を下げ手のひらをうえに

息を吸って吐きながら肩をしっかり下げます。

次の呼吸で背中を意識しながら、腕を前方に90度曲げます。

2.肩甲骨を開く

息を吐きながら、肩甲骨を寄せる要領で腕を横にゆっくり広げ、前へ戻します。
呼吸を繰り返し10回行います。

===「S字ライン」にくせづける===

1.手を後ろで組み胸を張ります

手を後ろで組みます。
息を吸い吐きながら肩が上がらないように意識して、胸を張ります。

2.お尻を突き出し手を上へ

息を吐きながら肩が上がらないように意識して組んだ手を上に。

自然な呼吸で10回繰り返します。

===「たるまないデコルテ」にくせづける===

1.首の横の筋肉をストレッチ

肩が上がらない位置で机などをつかみます。

目線はまっすぐにし、息を吐きながら首を真横にゆっくり伸ばします。

2.首の後ろをストレッチ

その位置から、3秒ゆっくり呼吸しながら視線を床に移すように首まわりを伸ばします。
逆も同様です。

2.口腔から正す!顔下半分のたるみ撃退がポイント

口もとたるみ

正しい姿勢と表情筋のエクササイズを習慣化する

正しい姿勢の目安の一つに、胸鎖乳突筋の角度です。

背筋を伸ばすと、胸鎖乳突筋は後方斜め60度にします。

このとき、胸鎖乳突筋と筋合いのようにある広顎筋(口角を下に引く表情筋)もピンと伸びます。

そして正しい姿勢であれば、おのずと、、

「安静時空隙」

という口腔の正しい位置がとれます。

「安静時空隙」という言葉は、歯科用語です。

リラックスして口を閉じているとき、上の歯と下の歯の間に、2,3mmの隙間が空いている状態です。

下顎は、顎関節にぶら下がるようについています。

猫背になると下あごが前方に斜走し、下の歯が上の歯に接触して隙間ができません。

接触が長く続くと咀嚼筋がつねに緊張した状態になり食いしばった状態が続きます。

これは、口元のたるみだけでなく、顎関節の痛み、肩こり、頭痛などの不調を招きます。

肩にも力が入りますからね。

「安静時空隙」がとれた状態で食事をすると、よく噛めますし、唾液を含ませてスムーズに飲み込むこともできます。

消化力が上がり、噛むことで脳への刺激もあります。

鼻呼吸もスムーズです。

生きるうえでの機能が整っています。

機能を整える努力をすると、結果的にたるみのない美しさもついてっきます。

しかし、猫背のくせがつている人にとって、胸鎖乳突筋が60度の正しい姿勢をキープするのは難しいです。

そこで実践して欲しいのが、上半身の緊張をほぐす猫背ぐせを正しくするエクササイズです。

表面をさするのではなく、筋肉の下の動静脈に働きかけます。

血流がアップし、肩から背中が楽になるので、胸鎖乳突筋が後方に位置しやすうkなります。

さらに、口元から顔中の表情筋をリフトアップさせるエクササイズもしましょう。

口を囲んでいる口論筋を中心に口まわり全体の筋肉を鍛えます。

筋肉は年齢に抵抗することができるので、継続して取り組めば必ず結果が出ます。
ほうれい線や、輪郭、二重あごがすっきりしてきます。

猫背ぐせを正すためのエクササイズ

1.肩から肘下までもみほぐす

肩にある三角筋を反対の手でわしづかみにします。

筋肉と血管に作用するよう力を入れてもみます。

徐々に手を移動させながら肘下まで、往復3回やりましょう。

2.脇の下からバスト横の肉をつねる

片方の腕を上げて脇の下の腋窩リンパ節に親指を当て、背中側の広背筋をぎゅっとつねります。

痛くても我慢しましょう。
トップバストの横まで往復3回でs.

二重あごと首のシワを予防する舌スイングエクササイズ

噛むと飲み込むで使うインナーマッスルを鍛えるエクササイズです。

早食いと流し込みで衰えがちな首の筋肉にアプローチします。
二重あごと首のシワに効き目があります。

1
両手を胸の前にクロスします

胸鎖乳突筋が60度になる正しい姿勢をとり、両手を胸の前でクロスします。

この手は上をむいたときに体の剃りすぎを防ぐのが目的です。


2
舌を真上に突き出します

首をゆっくり後ろにそらして顔を上に向けます。

首や背中のそらしすぎに注意しましょう。

舌をつけ根から思いっきり真上へ突き出します。


3
舌を左右にスイングします

舌の側面が左右の口角にぶつかるように8往復させます。

舌先だけ動かすのではなく、つけ根の筋肉を意識し、ゆっくりと弧を描くようにします。

3.たるまない皮膚に正す!スキンケアでシワから解放される3選

顔のたるみ

たるみは、

「筋肉、皮下組織のゆがみ」
「肌の老化」

この2つが合わさったものです。

体幹と筋肉を緩め、姿勢を正し、最新のシワ対策で肌に弾力を取り戻すことで、抜かりなくたるみを遠ざけましょう。

ポーラのリンクショット日本初「シワ改善」薬用美容液

真皮まで届いて効果を発揮する
日本初の「シワ改善」薬用美容液

◯ポーラ リンクショット メディカル セラム
医薬部外品
美容液
20g 13,500円(税別)

ポーラリンクルショット

好中球エラスターゼにはコラーゲンやエラスチンを分解する力があります。

医薬部外品有効成分として認められた「ニールワン」は、好中球エラスターゼと結合して、その働きを抑制してシワを改善します。

シワ部分に密着するテクスチャーと、ニールワンを真皮に届ける浸透処方。

効果を実感するには朝と夜の継続使用がポイントです。

コラーゲン、エラスチンの分解を抑えてシワを改善

ポーラは2017年、日本初となる、神秘性の深いシワを改善する薬用化粧品を発売。

誕生までに15年の年月がかかっており、シワのメカニズムを解明するところからスタートしています。

紫外線や乾燥などの外的刺激による微弱な炎症がシワへとつながる過程で「好中球エラスターゼ」という物質がかかわっていることを発見。

好中球は、血管を流れている免疫系の細胞で、普段は、皮膚の中にほとんど存在しませんが、傷ができると集まり、好中球エラスターゼという酵素を放出します。

この酵素はウイルスや菌を殺し、傷でダメージを受けた真皮組織(コラーゲンやエラスチン)を分解します。

ポーラの研究結果では、シワ部分に好中球が集まり、好中球エラスターゼが過剰になっていること。
シワを傷だと勘違いしています。

酵素の分解力は非常に強力なので、シワはますます深くなります。

この酵素の働きをブロックするのが、有効成分「ニールワン」です。

シワ部分では、コラーゲン生成より分解が勝っています。

しかし、ニールワンによって分解を抑えることで、分解と生成のバランスが逆転します。

その結果、シワ部分にふっくらとした弾力が戻ります。

肌本来のコラーゲン生成力を発揮させてシワを改善するので、肌に過度に負荷を与える可能性は低いです。

ポーラ公式サイトを見る
Amazonで購入する
楽天市場で購入する

コスメデコルテの高機能美容液

年齢が刻まれやすい部分にハリとつやをもたらす高機能美容液

◯コスメデコルテ iP.shot
20g 1万円(税別)

コスメデコルテ iP.shot

新たに開発した独自の複合成分「iP-Solution」を採用。

目もと、口もと、眉間など気になる部分に働きかけて、乾燥による小じわを目立たなくします。

乳化製法においても妥協なく研究を重ねることで、なめらかにのび広がり、いつの間にかピンとしたハリに変わる感触を実現。

内側からふっくらと弾むような潤いとともに、使い続けたくなる使用感で、毎日のエイジングケアに心地よさをもたらします。

iPS細胞を使った研究でミトコンドリアに注目

ミトコンドリアの加齢変化に注目!

コーセーは、2013年から、iPS細胞を用いた皮膚科学研究に取り組んでいます。

人間の皮膚などの特定の4つの遺伝子を導入し、培養することでiPS細胞が出来上がります。

つまりiPS細胞とは人工的に「初期化」されたもの。

コラーゲンなどを産出する真皮の線維芽細胞をiPS細胞に誘導すると、細胞内のミトコンドリアに大きな変化が生じることに着目しました。

iPS細胞のミトコンドリアは、活性酸素の量が著しく少ない。

活性酸素はエイジングの主な原因なので、このことをヒントに、線維芽細胞のミトコンドリアが加齢によってどう変化するか、研究をスタートさせています。

30年以上の歳月をかけて同一人物の皮膚から採取した若いときの線維芽細胞と、加齢した線維芽細胞を比較研究することで、個人差の影響を受けず加齢変化を調べるという優れた研究が実を結び、明らかになったのが、ミトコンドリアの質のの低下です。

ミトコンドリアはエネルギーの工場です。

エネルギーを産出する過程で有害な活性酸素が発生しますが、ミトコンドリア内にはそれを消去する抗酸化酸素SODが存在しています。

そのSODが年齢とともに減少することで、活性酸素の量が増え、ミトコンドリアの状態が悪化します。

これによって線維芽細胞のコラーゲン産出能力がダウン。
シワなどのエイジングが進みます。

コスメデコルテ公式サイトを見る
Amazonで購入する
楽天市場で購入する

目もまわりのたるみは、クレ・ド・ポー・ボーテ

◯クレ・ド ボーボーテ
クレームコントゥールデジューn
医薬部外品
15g 25,000円

クレームコントゥールデジューn

目もとの立体感、質感、色にアプローチして若々しいまなざしへ

こく豊かなクリームがとろけるようになじみ、目もとを潤いとハリ感で満たすハイパフォーマンスアイクリーム。
まるでまなざしにまで活気があふれるような、若々しく輝く印象をもたらします。

特別に開発された用具「プラチナアイマッサージャー」がお手入れの効果と心地よさを高めます。

肌の弾力維持がたるみ防止の鍵を握る

肌の弾力と眼輪筋を鍛えて目のまわりをケア

目もとの構造の得意制は、土台となる骨がなく、皮膚の内側に皮下組織、筋肉、脂肪があり、これらが一体となって動き、さらに1日約2万回のまばたきをしています。

目もとの皮膚は薄く、頬の皮膚の厚さが約2.4mmなのに対して、まぶたは、約0.8mmしかありません。

角層が薄くてバリア機能が弱いので乾燥などのダメージを受けやすいのに加えて、真皮層も薄く線維(コラーゲンなど)の密度が低いため、その隙間に水分がたまりやすく、むくみとして現れます。

目もとのたるみは皮膚の老化と筋肉の衰えによるものです。

その皮膚老化について、真皮と皮下組織の境い目を研究した結果、顔の皮膚には、真皮から皮下組織へ突起状の構造体が延びていることがわかりました。

あたかもイカリのようなこの「アンカー」は肌のハリと弾力を支える役割をになっています。

このアンカーが加齢によってなくなるのが、たるみの原因の一つと言われています。

アンカーがなくならないようにすることが、大事で、たるみ予防につながります。

また、クレドポーボーテではまぶたを重くする脂肪細胞の増大や水分の滞りにも着目し、脂肪と水分の代謝を促す必要性を認識しています。

さらに、眼輪筋を鍛えるエクササイズにもとりくんで、たるみを立体的にアプローチしましょう。
クレドポーボーテ公式サイトを見る
Amazonで購入する
楽天市場で購入する

<眼輪筋とは>

目もとをぐるりと囲んでいるのが眼輪筋です。

この筋肉がゆるむと眼球まわりの脂肪を支えきれなくなり、脂肪が垂れることがたるみの一因です。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする