リバイタルグラナスファンデーションPF・PSの違いと表情美人を作る秘密

リバイタル グラナス ファンデーション リキッド 資生堂

表情豊かな上質な肌を作り出す!

それが、リバイタルグラナスの目指す

肌から表情美人

リバイタルグラナスが終始一貫、これにだわり続けている「信念」です。

ステップをひとつひとつ丁寧に積み重ねるほどにハリを感じ、ツヤが見えるスキンケアは、そのたび、明日の自分もきっと笑っていると信じられるし、気になる欠点を光でカバーしながら肌と一体化して、あらゆる表情の動きにぴたりと寄り添ってくれるベースメイクは、今日も張り切って生きようと元気をくれます。

リバイタルグラナスならではの「生き生き感」は、こんな表情豊かな毎日を生むものだったのだと、改めて実感します。

思いっきり笑える肌を作りたいと思う。

ときに泣いたり笑ったり起こったりできるだけの上質な肌を作りたい。

表情も肌も「美人」は自らの手で作るもの。

それをリバイタルグラナスが教えてくれます。

リバイタルグラナスファンデーションPF・PS

リキッドとパウダリーの2層で生み出す、表情美人肌

◯リバイタルグラナス ファンデーション パウダリー(PS) 秋冬
SPF18 PA+
12g 4,200円

光で肌の凹凸をさりげなくカバー

リバイタル グラナス ファンデーション パウダリー

パウダリー(PS)公式サイトを見る

◯リバイタルグラナス ファンデーション リキッド(PS) 秋冬
SPF15 PA+
27ml 5,800円

色ムラをカバーしながら、ハリ・艶演出

リバイタル グラナス ファンデーション リキッド

リキッドPS公式サイトを見る


◯リバイタル グラナス ファンデーション ウォータリー(PF) 春・夏
SPF19 PA++
27ml 全6色 各5,800円

リバイタル グラナス ファンデーション ウォータリー

水のようにすっと肌にのびて瞬時にフィットし、つけたてのキレイを長時間持続。

軽やかな極薄膜ながらも、涼肌の妨げとなる色ムラやくすみ、毛穴などのあらゆる肌悩みをさりげなくカバー。

ウォータリー(PF)公式サイトを見る

◯リバイタル グラナス ファンデーション パウダリー(PF) 春・夏
SPF20 PA++
11g 全6色 4,200円

リバイタル グラナス ファンデーション パウダリー

軽やかでいてフィット力抜群、さらさらなのに粉っぽさがない、そんな相反する願いを叶えてくれる、汗や皮脂に強いさらさら質感のパウダリー。

パウダリー(PF)公式サイトを見る

<ファンデーションRFのテクスチャー>
肌がコーディングされてるかのように、水をはじく♪まるで肌をコーディングしているかのようにフィットするから、汗や皮脂もしっかりはじいて、ファンデーションがヨレない

肌から「表情美人」を叶えるベースメイクとは

表情美人は、「輝く私を作るキーワード」、です。

表情を曇らせる肌悩みをカバーしつつ、自然な艶とハリによって生き生きとした表情を生み出すベースメイクをご紹介。

表情をより豊かに美しく際立たせる2層仕立て

思いっきり笑ったり泣いたり、ときには起こったり。

そんな美しさの決め手となる豊かな表情を、より生き生きと、より魅力的に輝かせてくれるのが、リバイタルグラナスのベースメイクです。

その秘密は、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションを重ねることで生まれる、自然なハリ感と艶によるものです。

そもそも自然なハリや艶感は、表情の変化による光のあたり方次第で、現れたり、消えたりします。

例えば、笑顔の場合は、頬にプリッとしたハリや艶が出現します。

リバイタルグラナスのベースマイクは、光の透過性が高いリキッドとパウダリーの極薄の膜を2層重ねることにより、厚塗りに見せることなく、気になる欠点をさりげなくカバーしながら肌と一体化。

肌表面の光をコントロールする効果で、表情の動きにぴたりと寄り添いながら自然なハリ感や艶を作り出してくれます。

しかも、ぴたりとフィットするから、どんなに笑ってもくずれ知らず。

ああたの表情をもっと輝かせてくれる、ベースの力を、肌で実感して。

【使い方】基本のベースメイクテクニックと悩み別+αカバーテクニックとは

どちらも極薄膜だから、ささっとつけても粉っぽくなったり、厚塗りになったりする心配はナシ!
テク要らずなのがうれしい。
シミやくすみ、色ムラなどをカバーしたい頬まわりは、重ねづけするのがおすすめです。

<基本のベースメイクテクニック>

1.リキッド

カバーしたい箇所は丁寧に重ねレタッチ

カバーしたいゾーンは、指の腹の面を広く使いながら、肌をしっかりリプレイスするように重ねます。

2.パウダリー

パウダリーを重ねて完成度を上げる

さらに上から、パウダリーを重ねます。

内から外に向かって、軽やかに伸ばしていけばOK!

<+αでお悩み別カバーテクニック>

◯毛穴:毛穴は垂直に軽くおさえ塗り

顔全体を仕上げたあとに、毛穴が気になる頬などは、パウダリーをスポンジで垂直におさえるように重ね塗りしていきます。

◯クマ:気になるクマはとんとん重ね

リキッドを顔全体に塗ったあと、指先に少量とり、クマ部分にトントン重ねます。

パウダリーは軽くおさえるようにつけます。

◯シミ:シミの輪郭をブラシでぼかします

リキッドをつけたあと、少量取りシミ部分に重ね、ファンデーションブラシで重ねた部分の外側をトントンしてなじませます。

さらに、パウダリーをおさえ、全体を仕上げます。

パウダリー(PS)公式サイトを見る

リキッドPS公式サイトを見る

リバイタル グラナスのファンデーションがW使いできる理由

重ねるのに軽い!
W使いだからキレイ!

品格のツヤ肌は、光の薄膜層を重ねて手に入れる

美しさが際立つ品格のツヤ肌づくりの名手、それが2品を重ねて使うW使いファンデーション。

なぜ、W使いが必要なのか?

それは、より簡単に、より完成度の高い仕上がりが叶うから。

Wで重ねるのに、軽いのはなぜ?

それは、1つ1つのファンデーションが超密着タイプで薄付きだから。

しかも、リキッドの上にパウダーをのせたときに、吸いつくように入り込んで一体化する仕組みなため、軽やかです。

ワンアイテムで隠したいトラブルをカバーしようとするのは至難の技だし、厚塗りに陥りがち・・・。

でも、リバイタルグラナスのファンデーションは、1つ1つが極薄膜。

かつ、リキッドもパウダリーも、光をコントロールしてトラブルを補正する効果が抜群。

リキッドが肌内部に光を透過してあふれるようなツヤを演出しつつ、さらに上に重ねるパウダリーが光を散らして肌ノイズをカバーするから、2層重ねることで気になる悩みはきちんとカバーするのに、透明感の高い上質な肌仕上がりを実現。

しかも、肌に溶け込むようにフィットし、崩れ知らず。

1日中、あなたの表情をより美しく輝かせてくれる。

夏は、鉄板のファンデW使いで涼しい肌を実現する

「ウォータリー」と「パウダリー」のダブル使いで夏は、完璧です。

最初にリバイタルグラナスを使う人って、結構衝撃受けるはず。

これまでのリキッドファンデだと、汗や皮脂でヨレますし、気がついたときには、すっかり落ちていることも・・

でもグラナスは、とにかく崩れない、落ちない。

パッと明るさも出るうえ、いつもとは違う新しい自分の肌になれた気がします。

重ね方に難しいテクは、一切なし!

自分メイクでも、美しい仕上がりに!

涼しげ肌を作る秘密は、ファンデW使い

ファンデのW使いで綺麗で崩れない理由とは

肌を「作り込む」ことで生まれる完璧な肌こそ、リバイタルグラナスが目指しているものです。

1つだけでもナチュラルで綺麗ですが、さらなる美しさを演出するためウォータリーとパウダーをW使いできる設計になっています。

そのW使いができる秘密に迫ります。

1.水を一滴も使わない!揮発するオイルでひんやり&ぴたっと密着

ファンデーションウォータリーは、「水を行ってきも使わない」のが特徴です。

成分の半分以上が揮発性オイル。
塗った瞬間に肌の熱を奪いながら揮発するので感触もひんやりするし、残ったパウダーは肌にピタッとフィット。

このときにできる極薄膜がフェールとなってパウダーを固定させ、肌と一体化して、汗や皮脂をしっかり弾いてくれます。

2.皮脂を弾いて寄せ付けない

パウダリーのフィット感が抜群なのはLCパウダーのおかげです。

これは粘り気の高い物質で特殊コーティングされたパウダーです。

自在に形を買えながら起伏のあるキメのひとつひとつに寄り添うので、粉っぽい仕上がりになりません。

サラサラの粉体をたっぷりと配合してもよれやくずれを起こさない効果もあります。

薄付きでピタリ!と止まる理由がコレです。

3.ピュアホワイトパウダー配合で、汗でも肌色が全然にごらない!

時間の経過とともに起こるファンデの皮脂ぐすみに悩まされる人はかなりいます。

パウダリーには、ピュアホワイトパウダーという純白の粉体が配合されています。

これは一般の粉末とは異なり皮脂にぬれても茶色く変色せず、純白のままキープする板状のパウダーです。

時間が経ってもつけたての透明感を保てるのは、このおかげです。

リバイタルグラナスの「ウォータリー」「パウダリー」Wファンデを使った3人口コミ

ドモ左1
28歳 西田さん

くすみもなく友達にも美肌と褒められました

 

W使いしているとは思えないほど軽いつけ心地。

 

フィット感が高いのに肌への負担はかなり少なそうです。

 

夕方になってもくすまない私に友人から「肌が綺麗だね!」と褒め言葉。

 

ちょっと気になったときにはミスト+パウダリーで化粧直しすると、見事に朝の美肌が復活!

ドモ右1
31歳 小坂さん

アウトドアでも安心なくずれにくさでした

 

細かく密着するのに、肌あたりはサラッと心地いい。

 

歩くだけで汗をかくような夏日にウォーキングしたのに、1日中化粧直しナシで過ごせました。

 

ウォータリーにパウダリーを重ねたときの美しさがしっかりキープされて、厚塗り感もナシ。

 

見た目も涼しげだったと思います。

ドモ左2
32歳 酒井さん

W使いなのに透明感が高いことに、感激です。

 

2つ重ねることで今までカバーできなかったくすみが気になりませんでした!

さらに乾燥や皮脂トラブルも起きず、好印象。

 

ガーデンウェディングに出席したときも汗でくずれうることもなかったし、花嫁さんより明るく輝きのある肌でいられました(笑

ウォータリー(PF)公式サイトを見る
パウダリー(PF)公式サイトを見る

春・夏のPFを使うと、涼肌になれる!?

 

涼肌の秘密は・・・

素肌と一体化して涼しげな笑顔へと導く
ベースメイクにあり!

1.ファンデーション ウォータリーのボトルをよく振ってから、スポンジの3ヶ所に出す
2.そのままスポンジを、顔の中心から外側に向かって、すべらせるように半顔ずつ塗る
3.パウダリーをスポンジにとり、頬から塗り始め、残ったもので額、眼、鼻、口元を仕上げる

表情くずしても、くずれない毛穴レスな涼肌が続く

リバイタルグラナスのダブル使いベースメイク

悩みをきっちりカバー&持ちも抜群の2層仕立て

日差しの下、思いっきり笑っても涼しそう・・

そんな周りの人まで心地よくさせる涼やかな肌を、リバイタルグラナスのベースメイクは、なぜ叶えられるのだろう?

そもそも大人の涼やかな肌づくりには、流行りの薄づき肌に見せながらも、きちんとした肌に整えるカバー力が必須。

だから、リバイタルグラナスは、完成度の高い涼肌をつくりだすダブル使い。

光の透過性が高いウォータリーとパウダリーの極薄の膜を2層重ねることにより、けっして厚塗りにならず、気になる毛穴や色ムラなどの肌悩みを軽やかかつさりげなくカバー。

しかも、密着性の高いウォータリーに、さらさら感で余分な皮脂を抑えるパウダリーを重ねることで、表情の動きに寄り添いながらも汗や皮脂をはじくから、長時間、涼肌がにごらず、くずれず長持ち。

暑い季節でも涼やか肌で余裕の笑顔、ぜひ体感してみて。

ウォータリー(PF)公式サイトを見る
パウダリー(PF)公式サイトを見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました