ゆらぎ肌タイプ別対処法!原因、予防、対処、+@テクまで完全ガイド

季節の変わり目は、「ゆらぎ肌」に要注意!!

  • いつもよりカサつく
  • メークのノリがイマイチ
  • 吹き出物になりやすい

絶不調というわけではないけれど、肌トラブルの出やすいのが春です。

そこでゆらぎのレベルや症状に合わせて、予防・対策・+αでできることを紹介。

憂鬱な肌悩みを解決して、明るい春を迎えましょう!

肌の不調、ゆらぎを9割が経験!?

ゆらぎ肌経験者

ゆらぎ肌に、悩まされている、と思う人は、9割にも。

実際、自分なりの「ゆらぎ肌」ケアを行っている人もいるけれど、ほとんどの人は、ゆらぎ肌ケアは何していいの?

というのが実情です。

また、複数の肌トラブルをもつ人もかなりいました。

今やゆらぎ肌は、30代以上の女性の共通の悩みになりつつあります。

ゆらぎ肌につながる6つの生活習慣とは

紫外線
1.洗いすぎ・こすりすぎ

清潔志向の日本人は特に洗いすぎに注意です。
日々のクレンジングや洗顔で肌に必要な潤いまで奪ってしまい、肌内部の水分が常に不足状態に・・・。

2.紫外線

紫外線は、肌の表皮や真皮に深刻なダメージを与えます。
炎症を引き起こし、肌のバリア機能を壊してしまうことも。

3.髪や衣類の摩擦

チクチクと肌に感じる直接的な刺激や摩擦は、肌のかゆみや乾燥の原因に。

その結果生じる角層の乱れもバリア機能の低下につながります。

4.刺激物

花粉やハウスダスト、ダニなどのアレルゲンは、肌に直接触れて刺激を与え、トラブルの原因に。

マスクやこまめな掃除などで極力取り除いて。

5.熱いお湯

集めのお湯を長時間肌に触れさせるのも、潤いを奪い、肌を刺激します。

洗顔は33度前後、入浴は37度前後のぬるま湯で行うのが◎。

6.ストレス

肌のコンディションに大きく関わるのが精神的なストレス。
上手にストレス発散をすることも、肌不調を寄せ付けない秘訣です。

ゆらぎ肌がおこる原因は、角層のバリア機能破綻

ゆらぎ肌トラブル

角層のバリア機能が破綻するのが、主な原因です。

冬の終わりから春にかけては、気候や環境の変化で肌が1年でもっともゆらぐ時期です。

自分のベストな肌状態がくずれ、乾燥、ピリピリ、吹き出物などが引き起こされます。

その主な原因が肌のバリア機能の低下です。

通常、皮膚の最も外側に位置する角質層がバリア機能を担い、肌へのあらゆる刺激から守ってくれます。

ところが、

・気温の変化
・紫外線
・花粉
・ハウスダスト
・精神的なストレス

などの刺激によって、バリア機能が弱まります。

乱れたバリアから水分が逃げたり、隙間を塗って刺激物が入って炎症を起こしたり、いわゆる、「ゆらぎ肌」と言われる状態になります。

また女性特有のホルモンバランスも影響します。

生理前後の肌はデリケートに傾きやすく、それもゆらぎ肌の大きな原因です。

そのほか、髪の毛や衣類による刺激、洗いすぎによる潤いの喪失なども原因です。

これらの要因をできるだけ避けるように心がけることが、ゆらぎ肌の予防です。

さらに最近の研究では、幼少時から保湿を徹底することで肌の乾燥化を防ぐことができる、ということもわかっています。

肌を刺激から守るバリア機能を強化するため、保湿が重要な鍵を握っていると言えます。

原因は、多岐にわたりますが、少しの心がけで、ゆらぎ肌を防げたり、軽減できます。

正しい理解とケアを実践して、肌環境をキープしましょう。

危険レベルは3!ゆらぎ肌のレベル別症状とは

注意

LEVEL3:重度のゆらぎ<敏感ゆらぎ>

  • ぷつぷつができる
  • ひりひりする
  • かゆみがある
  • 赤みがある

バリア機能が壊れ、炎症が重度になり、赤みやかゆみがでてしまっている状態です。

できるだけ余分なものや刺激を与えず、肌を保護することを最優先に。

じんましんなどが出て症状が悪化した場合は、すぐに皮膚科へ行きましょう。

LEVEL3の対処法、スキンケアなどを見る
LEVEL2:中度のゆらぎ<角質不要ゆらぎ>

  • くすんでいる
  • スキンケアの入りが悪い
  • ゴワつきがある
  • ニキビや吹き出物ができる

肌のターンオーバーが正しく行われず、不要な角質や老廃物が溜まることで起こる不調。

角層の乱れを正しく整えてあげることで、徐々に治まっていきます。

この不調が解決すると、スキンケアの効率も上がります。

LEVEL2の対処法、スキンケアなどを見る

LEVEL1:軽度のゆらぎ<乾燥ゆらぎ>

  • 肌が粉を吹く
  • いつもの化粧品が合わない
  • なんだかカサつく
  • メークのノリが悪くなる

肌のカサつきやメークノリの悪さなど、肌のベストコンディションよりも、少しだけ不調を感じる程度です。

特に乾燥による悩みがこれに当てはまります。

保湿を心がけ、ちょっとした不調を見逃さないことで、本格的な肌不調になるのを防げます。

LEVEL1の対処法、スキンケアなどを見る

乾燥ゆらぎの原因と対策、予防、対処、+αアイテムはコレ!

LEVEL1:乾燥ゆらぎ

なんだかカサついて調子が悪い!?

  • メークのノリが悪くなる
  • 保湿してもカサつく
  • いつもの化粧品が合わない
  • 肌が粉を吹く

バリア機能が正常に働かず、肌の水分がとどまれずに蒸発


乾燥ゆらぎの原因は、肌内部の水分や皮脂、細胞間脂質が外に逃げ出してしまうことです。

さまざまな刺激によって、角層のバリア機能が乱れ、角層の隙間から水分などが蒸発して潤いが保てない状態になってしまうのです。

角層が薄い眼の周りや頬など、部分的にまず症状が現れることが多く、そのサインを見逃さずに保湿ケアを徹底することが大切です。

放おっておくと乾燥が悪化し、皮がむけたり、粉をふくといった症状にまで進行することも。。。

こういった乾燥ゆらぎを避けるために気をつけたいのが、日々のクレンジングや洗顔です。

清潔好きな日本人は、顔もちしっかりと洗いがちで、必要な潤いまで落としてしまっていることが考えられます。

アイテム選びや洗い方を見直し、潤いを守りながら汚れを落とすように心がけましょう。

その上で、乾燥に強い肌を育てるスキンケアを実践することも大切です。

保湿に優れたアイテムを取り入れることはもちろん、肌のサイクルを正常に整え、土台を強くするためのケアも必須です。

日中の乾燥対策もこまめに行って、陥りがちな乾燥のスパイラルから一刻もはやく抜け出しましょう。

乾燥揺らぎの予防

汚れだけを落とし潤いを守る
クレンジング&洗顔


日々のスキンケアで最も乾燥を招くクレンジングと洗顔。
こすれず、なでるような手つきで行えば、潤いを守りながら汚れをオフすることができます。

1
クレンジング or 洗顔は手のひらでなじませながら塗布

手のひらに適量をとり、なじませてから全顔にのせます。
洗顔料はしっかりと泡だてます。

メークや汚れを自然に浮かせるため、手のひらや指の腹を使って優しくフィットさせます。


2
できるだけ摩擦が起きないように洗う

ゴシゴシこするのではなく、指の腹を使い、くるくると内から外へ指を運びます。

クレンジングや洗顔料に汚れを拾わせたものを回収するイメージです。

小鼻や目元は落ちにくいので、指先を使って丹念に。


3
洗い流しは必ずぬるま湯で

32〜34度っくらいのぬるま湯を手のひらに溜めて丸く洗うようにしてすすぎます。

熱いお湯やシャワーを顔に直接かけるのは、肌にダメージを与えてしまうのでダメです!
洗い残しの原因にも。

乾燥ゆらぎのスキンケア方法

保湿に秀でたスキンケアを選び一手間かけて


クリームや乳液などの保湿アイテムのみならず、化粧水や美容液なども肌の潤いを育んでくれるものを選びます。

優しさを考えて、手でつけるのが大切です。

1.キホンは内から外へ

スキンケアはすべて、手のひらで温めてなじませます。

手のひら、指の腹を使い頬やおでこなどの広いところから細かい部分へ。

すべて内側から外側へ流すように優しく。

2.必ずハンドプレスを

ひとつの工程が終わるごとに、手のひらで顔全体を包み込むイメージでハンドプレスを。
手の温度でスキンケアがよりなじみ、さらに効果がアップ!

<肌に赤身があれば、クレイパックもおすすめ>

乱れた状態の角層を自然にオフするような、クレイパックが最適。
マイルドな使用感で優しく不要な角層を取り除き、正しい状態の肌に生まれ変わらせるお手伝いをしてくれます。

◯THREE ピュリファイング クレイマスク
120g 5,500円

THREE ピュリファイング クレイマスク

乾燥ゆらぎの+αテクニックとは

メークしていてもカサついて見せない「油分補給アイテム」を


どんなに保湿しても日中乾燥してしまうなら、油分の多いバームや軟膏、クリームなどのアイテムを投入。
部分使いならメークの邪魔にならず、格段に乾燥しにくく!

◯最後に水で溶いて膜を仕込む
朝のスキンケアで

そのまま塗るとメークがよれてしまうので、水でさらっとした状態に溶けてからトントンと重ね付け。

テクスチャーは軽くても、油分は肌にとどまって水分を蒸発するのを防いでくれます。

◯メークの上からうすーく塗る
メイク直しで

日中のメーク直しでは、気になる乾燥部分にごく薄く塗って油分を補給して。

手の甲などに一度出してから指でたたくように塗ると、厚づきになりにくく自然です。

乾燥ゆらぎの対策アイテム!予防、対処、+αはコレ!

予防:潤いを守るクレンジング&洗顔

乾燥の最たる原因は、日々のクレンジングや洗顔による洗いすぎです。

汚れを落としながら必要な潤いを守るには、クレンジングはミルクタイプが適切です。

また、洗顔料も潤いキープ力が高く、使用感が穏やかなものを見極めれば、ゆらぎはかなり解消されるはずです

◯ディセンシア スキンアップ クリームウォッシュ
100g 2,000円

ディセンシアディセンシア スキンアップ クリームウォッシュ

肌への刺激を抑え、敏感肌にも優しい使用感。
保湿・透明感アップ・エイジングケアまで。

◯ファンケル 洗顔パウダー しっとり
50g 1,200円

ファンケル洗顔パウダー

パウダーがサッと溶け、もっちり弾力のある泡が簡単にできる。
肌負担なく、角栓や皮脂を取り除きます。

◯カバーマーク トリートメントクレンジング ミルク
200g 3,000円

カバーマーク トリートメントクレンジング ミルク

独自のアクアクレンズゲル構造で素早くメークとなじみ、洗い上がりのすっきり&しっとり感が持続。

対処:脱乾燥!のスキンケアアイテム

乾燥しにくい肌を育むには、保湿はもちろん、肌のバリア機能を強化することも大切です。

潤いを補給し、逃がさないだけでなく、肌を育てるという観点から美容液やマスクなどを取り入れてみては。

継続して使うことで肌のバリア機能が整い、水分の逃げにくい肌に。

◯エスティ・ローダー マクロ エッセンスローション
150ml 11,500円

エスティ・ローダー マクロ エッセンスローション

化粧水で肌を強くする、という新発想で、日々のケアで肌内部の炎症を鎮め、バリア機能を高めます。

◯資生堂インターナショナル アルティミューン パワライジングコンセントレート
30ml 8,000円

資生堂アルティミューンコンプレックス

肌そのものの力を底上げし、乾燥などの外的刺激を寄せ付けない美容液
健やかなコンディションへ

◯キールズクリーム UFC インテンス
50g 4,200円

キールズクリーム UFC インテンス

乾燥肌のために開発された人気クリーム。
薄く軽いつけ心地なのに、しっとりすべすべに。

+α:カサつきて見せないクリーム・バーム・軟膏

油分が多く、肌に皮膜を作ってくれるバームや軟膏はカサつく肌の強い味方です。

肌から水分が逃げるのを防ぎ、また外的刺激から肌を守ります。

朝晩のケアのほか日中の保湿、トラブルケアとしても活躍するので、ゆらぎやすい季節の必需品です。

◯資生堂薬品 イハダ プリスクリードA(第2類医薬品)
30g 4,500円

資生堂イハダ プリスクリードA

花粉や大気汚染、ストレスなどさまざまな要因から起こるトラブルに。
クリームタイプなのに、使用感が軽やか

◯大塚製薬 オロナインH軟膏(第2類医薬品)
30g 440円

湿疹やかぶれなどのトラブルにも使えるえいえいのスタンダード軟膏

大塚製薬 オロナインH軟膏

角質不調ゆらぎの対策アイテム!予防、対処、+αはコレ!

LEVEL2:角質不調ゆらぎ

ぶつぶつ、ごわごわ・・・肌印象ダウン

  • ニキビや吹き出物ができる
  • ゴワつきがある
  • スキンケアの入りが悪い
  • くすんでいる

肌の生まれ変わりをいかに整えるかが角質ケアの鍵


ニキビや吹き出物、ゴワつきなどは角質が厚くなることによって起こるゆらぎです。

すでに不要となった角質がスムースに剥がれ落ちていかない、毛穴に起こった炎症が治らないままとどまっている、といったことなどが主な原因です。

ではなぜ、不要な角質がたまったままになっているのでしょうか?

それは、肌の代謝が正常でなく、ターンオーバーが乱れていることや、肌内部の巡りが滞り、老廃物がきちんと排出されていないことが原因として考えられます。

つまり、角質の生まれ変わりを正しくするには肌のリズムを整えることが最優先課題です。

例えば、

適切な睡眠時間や血行不良の改善、ビタミンCの摂取などはそのキホン。

その上で、ニキビやゴワつきにはそれぞれに適したスキンケアアイテムを厳選して取り入れることが、ゆらぎ解消の近道となりまs.

また、角質が厚くなっている場合、肌に水分が不足していることも。

保湿も合わせて行うとさらに効果を実感しやすくなるので、並行して行うと良いでしょう。

ゆらぎのうちでも、普段のライフスタイルや日々のスキンケアで予防できるのがこの不調。

ちょっとした注意と心がけで、起こりにくくなるはずです。

角質不調ゆらぎの予防法

正しい肌リズムを取り戻す


肌の生まれ変わりのリズムを正しく導くことで、不要な角質はたまらず自然に剥がれ落ちていきます。

ターンオーバーを整えるケアで、角質の不調を事前に防ぐ工夫を。

<ニキビ対策スキンケアを取りれましょう>

ニキビ・吹き出物なら

ニキビや吹き出物は角質の不調の中でも、症状が進んでしまった状態。

炎症を起こしてしまった毛穴に効果的に働きかけるアイテムを選び、長期化させないことが大切です。

<ゴワつき・くすみにはビタミンCの美容液で肌のターンオーバーを促進>

ごわつき・くすみなら

角質不調の代表ともいえるごわつきやくすみには、肌の代謝をアップするビタミンCを投入。
不要な角質が排出されやすくなります。

◯ロート製薬 オバジC C20 リセラム
15ml 8,000円

ロート製薬 オバジC C20

<巡りをよくする長めの入浴もGood>

肌の内側にたまった老廃物がニキビやくすみの原因になることも。

血行を良くなると体内の老廃物が回収され排出します。

長めの入浴や適切な運動を行い、体内の老廃物を外に出すように心がけましょう。

角質不調ゆらぎの対処法

乱れて厚くなった角質を柔らかくするコットンパックで生まれ変わりのスピードをアップ


不要な角質がたまって厚くなってしまった場合、水分を与えて柔らかくした方が、剥がれおちるスピードがアップします。

潤いを与えると透明感も増すので、くすみ解消にも効果があり。

<全顔くまなくコットンパックで潤いを与えて>

水で湿らせたコットンに、化粧水を馴染ませてから薄く裂きます。

眼と唇のみ残して顔を覆うようにコットンを敷き詰めてパックします。

まんべんなく潤いを補給できます。

<ニキビ痕にはプチコットンパック>

なかなか消えないニキビ跡は、シミと同様に色素沈着となっている場合がほとんどです。

ニキビ跡の大きさに合わせて小さくカットしたコットンに美白美容液を染み込ませ、その上からラップします。

<ニキビや吹き出物に一手間>

詰まったニキビ周りの肌を柔らかくもみもみ

ニキビや吹き出物ができている肌の周辺は炎症を起こし、固くなっている状態です。

電車の中や昼休みなど空いた時間に、ニキビの周辺を指でつまむようにもむだけで、治りが早くなります。

角質不調ゆらぎの+αテクニック

ニキビ&ニキビ跡には色付きコンシーラーでメークしながらケア


目立つニキビやニキビ跡を隠すためにファンデーションを重ね塗りするより、賢いアイテムを取り入れてケア&メークを同時に行うのが、正解です。

メークの歳に、ニキビやニキビ跡のポイントのみ指で温するだけの手軽さで。

肌の色よりもやや濃い目の色を選ぶとカバー効果がしっかりあります。

角質不調ゆらぎのスキンケアアイテムはこれ!

予防:ニキビや吹き出物になりやすい肌を整えるスキンケア

ニキビや吹き出物には、その対策に特化したケアを取り入れましょう。

角質の乱れで固くなった肌や老廃物が蓄積している肌に働きかけ、バランスを整えます。

これらは、不調が起きている最中はもちろん、不調が起きそうなときの予防的ケアとしても有効です。

◯ルナメアAC スキンコンディション ノーマルタイプ
120ml 2,200円
富士フイルム

ルナメアAC スキンコンディション

大人ニキビの原因となる毛穴周りの乾燥と炎症に、集中して有効成分を届けます。

◯オルビスクリアモイスチャー
50g 1,696円

オルビスクリアモイスチャー

繰り返す大人ニキビの原因を根本からケア。
ダメージバリア成分の働きで、外部刺激から角層を守ります。

◯ノブACアクティブ モイスチャアミルク
50ml 3,000円
常盤薬品工業

ノブACアクティブ モイスチャアミルク

ニキビを悪化させる過剰な皮脂やアクネ菌を抑え、なめらかな肌へ。
美白成分配合で、ニキビ跡のケアにもGood

対処:肌を柔らかくするパックに適した化粧水&コットン

厚くなった角質を柔らかくするコットンパック。
使うコットには、裂きやすく、手のひら程度の大きさのあるものを選びましょう。

また、極力肌触りが優しいものを。
合わせる化粧水は、肌にスーーッと浸透する、みずみずしいテクスチャーがベストです。

◯ジュレリッチ(敏感肌仕様)透明肌あかぬけコットン
全薬工業

ジュレリッチ(敏感肌仕様)透明肌あかぬけコットン

天然綿100%、低刺激性にこだわり、肌のすみzみにまで化粧水が行き渡るような設計。

◯イプサ シルクコットン

イプサ シルクコットン

肌の保湿効果、保護効果が高いといわれる最高級のシルクを採用。
なめらかな使い心地。

対処2:プチコットンパックに使える肌に優しい美白美容液

ニキビと同じくらい、多くの人が悩んでいるニキビ痕。
繰り返す度濃くなって、消えにくくなりかなり厄介な存在に。

そんなときは、ゆらいだ肌でも安心してつ会える美白アイテムでニキビ痕をトーンアップさせます。

肌の上でとどまり、また潤い感も感じられるとろみのあるものがおすすめです。

◯ラ ロッシュ ポゼ センシ ホワイト

ラ ロッシュ ポゼ センシ ホワイト

肌のバリア機能をサポートしながら、敏感肌にも刺激を与えにくい成分で美白

◯アクアセーヌ ホワイト エマルジョン セルフアップ ジェルW−CP(医薬部外品)

アクアセーヌ ホワイト エマルジョン セルフアップ ジェルW−CP

肌を保湿することが美白の近道。
びはくせいぶんを負担なく届けて透明感を引き出します。

◯Dプログラム ホワイトニング クリアエッセンスEX(医薬部外品)
資生堂インターナショナル

Dプログラム ホワイトニング クリアエッセンスEX

トラブルを繰り返す敏感肌の肌色ぐすみを解決し、クリアな印象に。
低刺激設計だから安心です。

+αテクニック:ニキビ跡を賢く乗り切る色つきコンシーラー

色付きかつ薬用のものを選択すれば、メーク効果もありながら、同時にニキビケアもできます。

できたニキビに働きかけるだけでなく、これからできるニキビも予防してくれるので一石二鳥。

使い続けることで、ニキビになりにくくなるというメリットも。

◯Dプログラム アクネケアローションAC(医薬部外品)
資生堂インターナショナル

dプログラムアクネケアローション

気になる部分に塗っておくだけと、日中のケアも簡単です。
肌に馴染んで、瞬時に目立たなくなります。

敏感ゆらぎの原因&対策、予防、アイテムはコレ

LEVEL3:敏感ゆらぎ

もう何をやってもダメ!

  • 赤みがある
  • かゆみがある
  • ひりひりする
  • ぷつぷるができている

<原因>
弱ったバリアから入り込む外的刺激に敏感に反応


肌が敏感に傾いているときは、本来肌が自信を守るためにもっているバリア機能が著しく低下しています。

乾燥状態もあれば、水分の不足によって皮脂が過剰に分泌されることも。

このような状態では、化粧品や洗顔行為、髪の毛、衣類の摩擦などさまざまな外的刺激に肌が過敏に反応し、赤みやかゆみが発症します。

また、壊れたバリア機能を通過して外から刺激が加わることで、肌の奥のかゆみの神経が伸長し、かゆみを繰り返し引き起こすこともあります。

肌ぼ敏感に傾かせないためには、まず肌への刺激を極力避けることが先決です。

春先であれば、外出先から戻ったら花粉を払う、髪は肌に当たらないようにまとめる、といったことなどです。

予防を心がけても、すでに敏感になっている場合には、肌への優しさを最優先した、鎮静させるケアを使いましょう。

使う化粧品の見直しを行い、できるかぎり低刺激&シンプルなケアを行いましょう。

メークも何もできない状態まで肌が敏感になってしまったら、マスクを使うのも一つの方法です。

肌が隠れるだけでなく、つけている部分が保湿されるので、ゆらいでいる肌を守る役割もあります。

それでも症状が悪化する場合には、皮膚科にいきましょう。

敏感ゆらぎの予防法とは

肌への刺激を極力避ける


肌に刺激を与えるものは、可能な限り避けることが敏感ゆらぎの予防に効果的です。

花粉や髪の毛の刺激のほか、ごわごわしたタオルで拭いたり、熱いお湯の使用もダメです。

敏感ゆらぎになった・・・対処法とは

化粧品から見直しを!
ノンアルコールやセラミドが鍵


敏感にゆらいだ肌でも安心して使える処方かをチェックします。

また、つけ方はいつもよりさらに丁寧に。

スキンケアをつけた後の肌状態の確認も大切です。

1
基本手のひらで!必ず適量を使用

スキンケアの適量を手に取り、両手でなじませながら温めます。

顔の温度と同じくらいに温めることで、スキンケアの入りがスムーズになります。

2
肌の中心から外へこすらないように

内側から外側へ、肌をプッシュしてアイロンをかけていくようにしてなじませます。

最後は手のひらで顔を包み込むように入れ込んで。

摩擦は刺激になるので、絶対にこすらないこと。

3
入ったのを確認し次のアイテムへ

なじませた後肌を触って、もっちりとした肌に感じられたらスキンケアの入ったサインです。

ゆらいで受け入れ難い肌だからこそ、毎回入ったか確認してから次のアイテムに移りましょう。

<スキンケアアイテムの入りが悪い時は、導入美容液を!!>

なじませても肌に入っていかないと感じるときは、肌の水分と油分のバランスまでくずれている証拠です。

2つのバランスを整えてくれる導入美容液を賢く活用して、スキンケアを受け入れやすい状態へ整えましょう。


◯フリープラス ディープ プレ モイストエッセンス
カネボウ化粧品
80ml 2,800円

フリープラス ディープ プレ モイストエッセンス

敏感ゆらぎの+αテク!これを実践して欲しい

メークできないならマスクで隠す!


赤みやかゆみが出てしまい、手がつけられない場合、マスクはカバー&保湿を兼ねた強い味方。

素肌が肌当たりの優しいものを選ぶとなお良いでしょう。

<メークができなくても保湿は必ず!>

敏感ゆらぎが出ていても、肌を守るために保湿剤はマスト。

純度の高いワセリンなどを選べば、肌トラブルも避けれます。

医療用医薬品の基剤としても使用される、高品質ワセリン100%


◯日興理科 サンホワイトP-1チューブ品
50g 1,200円

日興理科 サンホワイトP-1チューブ品

敏感ゆらぎ対策アイテムはこれ

対処:ノンアルコールやセラミドハイグなど敏感肌にも優しいスキンケア


デリケートな肌状態になっている敏感ゆらぎ。

余分なものができるだけ入っていない、穏やかに保湿をしてくれるものをチョイスしましょう。

昨今では、敏感肌向けのスキンケアが増え、選択の幅も広がっています。
ゆらぎ時の自分の肌に合うものを常備しておくと、いざというときも慌てないですみます。

◯アミノ モイストローション
ジーノ

ジーノアミノモイストローション

肌そのものの潤う力をバックアップ。
みずみずしく、マイルドな使用感が快適。

トライアルセットを見る

◯キュルレ 化粧水Ⅱ(医薬部外品)
花王

キュルレ 化粧水Ⅱ

肌の必須成分「セラミド」に着目。
低刺激設計で、肌のバリア機能を整え、健やかな肌に導きます。

◯乾燥敏感肌ケア 化粧液
ファンケル

乾燥敏感肌ケア 化粧液

角層免疫力の低下した乾燥敏感肌のバリア機能をサポートし、トラブルの悪循環をストップ。

詳しくはこちら

◯アヤナス ローション コンセントレート
ディセンシア

アヤナス ローション コンセントレート

美しさを引き出す成分を濃密な一滴に込められています。
セラミドをナノサイズ化することで、できるパシャッと感。

トライアルセットを見る

ゆらぎ肌で気になる10個の質問

寒暖差アレルギーってホントにあるの?

温度の差でバリア機能がくずれるのが原因です。

気温の差によって肌が刺激を受け、その結果バリア機能が低下して肌アレが起きることはあります。

ただし、寒暖差によるアレルギー症状は認知されていませ。

また、じんましんとゆらぎ肌の関連もないとされています。


水さえしみてしまうほど、肌がボロボロです・・・それでも洗顔しないとダメですよね?

まずは炎症を抑えましょう。
お湯を含ませたタオルなどで拭くなどしてみましょう。

赤みなどがある場合は、そこを冷たいタオルで冷やして炎症を抑えます。

洗顔の代わりに、温かいぬれタオルなどで拭き取るのも手。

薬を活用して素早く治し、できるだけ刺激を避けるように注意しましょう。

鼻のかみすぎでわかりが赤くなってしまうのはどうしたらいいですか?

ワセリンなどを塗って肌を守りましょう。
ティッシュではなく、ガーゼを使うのも選択肢の一つです。

繰り返しティッシュを当てることによる刺激があるので、肌に優しいティッシュ、ガーゼハンカチなどがおすすめです。

また、ワセリンを塗っておくと、水をはじいてくれる上に皮膚を刺激から守ってくれます。

ひどくなると皮膚がただれて治りにくくなってしまうので、まめに塗り直して肌を保護しましょう。


首や体も乾燥でゆらぐ?

髪の毛やいるの刺激からそうなります。

体の乾燥のメカニズムも顔と同様。
髪の毛や衣類の摩擦の刺激によってバリア機能が破壊されると、潤いが逃げて乾燥してしまいます。

首周りがチクチクする衣服を避けるなど、意識して皮膚を守ることで軽減できます。


吹き出物ができているときは、クリームは塗らない方がいいの?

保湿は乳液で。
もしくはそこだけ、ニキビ用の薬を。

クリームやバームは油分が多いのでおすすめしません。
保湿は、比較的水分の多い乳液が良いでしょう。

乾燥が気になりどうしてもクリームを使いたいなら、ニキビの部分にだけはニキビ用の薬を散布して併用してください。

今は、市販薬でも機能が優れたものが多く発表されています。


食生活や睡眠もゆらぎに影響しますか?

乱れたライフスタイルは、免疫力を低下させます

睡眠不足も食生活の偏りは、体全体だけでなく肌の免疫力も低下させてしまいます。

また、ライフスタイルの乱れは結果的にストレスに結びつくことも。

ゆっくり寝る、正しい食生活を心がける、ビタミンCをとることによって、これらの原因による肌のゆらぎをコントロールすることは可能でしょう。


皮が向けてしまったら、むいてもいいですか?

むくのは、ダメです!
傷を広げるようなものです。

かえって皮膚を傷つけ、治りにくくしてしまいます。

気になるものはカットしても構いません。

基本的は、たっぷり保湿剤を塗って保護し、自然に治まるようにしてください。

無理に薄い皮を剥ぐと、そこにまたダメージを与えます。

自然にむけるまで待ちましょう。


頭皮も不調になりますか?

可能性は、十分あります。
主な原因は、先髪です。

脂性肌用のシャンプーで脂を取りすぎてしまったり、洗い残しで高濃度の洗浄液が残ったままにすると頭皮に刺激を与えてしまいます。

頭皮のゆらぎが気になる場合は、乾燥肌用の低刺激性ヘアケアを使ったり、使用量・使用回数を改めて見直すなどしてみましょう。


春先に肌がひりひり・・・アレルギーでしょうか?

春先はゆらぐ人が多いので、スギ皮膚炎にも注意しましょう。

毎年、春先、3月ぐらいになると、肌のゆらぎを感じる人がいっきに増えます。

紫外線が強くなる時期でもあり、また環境の変化のストレスのなども肌に影響を与えます。

また、ここ2,3年、一番気をつけたいのは、スギ皮膚炎です。

花粉が肌に直接つくことによって起こり、赤くならないのにピリピリとした感覚が生じます。

このような症状が出た場合は、皮膚科を受診しましょう。


なるべく薬には頼りたくないと思うのですが・・・

薬といってもさまざまです。
症状に合わせて正しく使えば悪化や長期化を防げます。

治療に使用される薬は、すべてが強い効果や刺激があるものではありまsね。

治療の中心としてゆらぎ肌に使用するのは、シンプルな保湿剤であることがほとんどです。

また、炎症が進行しやむなくステロイド剤を使うのも、慢性化させないための手段です。
自分に合った薬を取り入れ、迅速に対処することが大切です。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする