ビタミンC美容液で実感!ヘレナのフォーカスC3とビタミンCの疑問アレコレ付

ビタミンCで美肌に

ビタミンCのすごいパワー!

いつまでも若い肌でいるための必須成分

ビタミンCの効果が注目され始めたのは、1930年ごろです。

壊血病という血管が損傷する深刻な病気とビタミンC不足との関係性が明らかになったときです。

今では、ビタミンC誘導体、という言葉が美容業界では浸透していますね。

ビタミンCが不足すると、体内で血管の成分であるコラーゲンの合成が行われなくなります。

ビタミンCを投与すれば壊血病は治ることからも、ビタミンCがコラーゲンの産出に大きく観葉していることは明らかです。

肌のハリ・弾力を支えるのもコラーゲンですから、ビタミンCは若々しいハリ肌を保つのに欠かせない成分です。

美白のイメージが強いビタミンCですが、それ以上に見逃せないのがエイジングケアです。

いろんな効果があります。
マルチぶりがほんとにすごい、と言いたくなるほどに。

ただし、弱点もあります。

体内で作り出す事ができない成分である上に、ストレスや悪環境の影響などでどんどん消費されていますので、常に補給する必要があります。

具体的にどうやってビタミンを補給?

と思うと思います。

野菜やフルーツだけでは、なかなか補いきれません。

なので、そういう人は、サプリメントが一番です。

あとは、肌にダイレクトに届くように、ビタミンC配合のコスメで外から与える事です。

美肌には欠かすことができない成分、それがビタミンC、です。

ビタミンC5つの美肌効果とは

ビタミンC効果

1
老化を防ぐ

コラーゲンやエラスチンといった肌の線維にダメージを与える「活性酸素」の働きを抑える効果が。

肌のハリ・弾力を守り、シワやたるみを防ぎます。


2
ハリ・弾力を出す

肌の構造を支えるのはコラーゲン。
ビタミンCには肌の中でコラーゲン産出をサポートする効果があり、ハリ・弾力アップには欠かせない成分です。


3
シミを防ぐ

肌が紫外線を浴びると、メラノサイトという細胞がシミの原因となるメラニン色素を生成します。

ビタミンCは、肌の中でメラニン生成を促す酵素の働きを抑えます。


4
免疫力を高める

肌だけでなくカラダの免疫力を高める効果があります。

紫外線を浴びた肌のダメージを防いでくれるので紫外線対策には日焼け止めと併せてビタミンCコスメが欠かせません。


5
炎症を抑える

ニキビなど炎症を起こした部分では、活性酸素が活発に作用しています。

ビタミンCは活性酸素の働きを抑える効果で肌の炎症を鎮静。

炎症が痕になるのも防ぎます。

ビタミンCの疑問!それが知りたい

塗るのと飲むの、どっちが効果が高いですか?

肌にダイレクトに届く、という方向で考えるなら、「塗る」方です。

口から摂取したビタミンCは全身の臓器に使われます。
肌に届く量は、ちょっとだけ・・・

細胞にダイレクトに届くために、飲むのも必要ですが、併せてコスメでしっかりと表面から与えることも大切です。


塗ったり飲む時、一番実感するタイミングはいつですか?

朝は、必ず。
日中もこまめにとると効果的です。

紫外線や大気汚染などの酸化ダメージと戦うために、外出することが多い朝は、ビタミンC美容液を塗り、ビタミンCサプリメントを飲みましょう。

ストレスが強い人は、日中もサプリメントを飲んだり、ビタミンC美容液を塗りましょう。


ビタミンCって美白成分?

美白有効成分です。
でも、他の機能もあります。

ビタミンC誘導体が3%という濃度で配合され、かつさまざまな条件を備えてコスメは、「美白美容液」と定義されます。

でもそれだけでなく、ハリを高めるなどの効果も高いマルチな成分です。


ビタミンCはとりすぎても大丈夫ですか?

とりすぎる、ということはほとんどありません。

ビタミンCはストレスや生活環境によってどんどん消費されていきます。

どれだけとっても過剰になる、ということはほとんどありません。

余ったものは腎臓や膀胱などを通過しながら、体の外に排出されます。


ビタミンCコスメって肌が乾燥しませんか?

保湿効果はありません。
肌の機能を高めます。

ビタミンCに保湿効果はありません。

ビタミンCの濃度が高いコスメは、使用後に乾燥を覚えることがあるかもしれません。

とはいえ免疫力強化や抗炎症作用などで肌の機能をベースアップさせてくれますから、肌質を問わず使いましょう。

それでも気になる人は、保湿ケアも併せて行いましょう。

コスメに配合されるビタミンCの種類

ピュアビタミンC 水溶性ビタミンC誘導体 油溶性ビタミンC誘導体 両親媒性ビタミンC誘導体
生ビタミンCとも呼ばれます。

純粋な水溶性ビタミンCです。

肌に塗るとすぐ効果を発揮する分、安定性が低く酸化しやすいという弱点があるため、コスメに配合するには技術が必要です。

ピュアビタミンCをリン酸や糖と結合させることで、その活性を止め、安定性と吸収率を高めた成分です。

肌の酵素と触れることで分子の結合が切れ、ビタミンCの働きが目覚めます。

ピュアビタミンCと皮脂になじみやすい脂肪酸を結合させることで、浸透力をたkまえたビタミンC誘導体。

肌の酵素と触れることで分子の結合が切れ、ビタミンCの働きが目覚めます。

水溶性ビタミンC誘導体の浸透力を高めるべく、脂肪酸を結合させたものです。

水溶性と油溶性両方の性質をもち、より肌の奥まで浸透するので、ハリ・弾力アップに期待がもてる成分です。

Cコスメ!で出合う、初めてのハリと透明感コスメ

ビタミンCの多様な作用を活かした美容液

外的環境が悪化の一途をたどる現代。

早ければ20代からエイジングケアが必要になっています。

各ブランドは、成分やフォーミュラの研究、開発にさらに力を入れています。

ヘレナ ルビンスタインは、その先端を行くブランドの一つです。

2017年秋に、渾身の新製品が出ました。

◯「フォースC.3」
50ml 22,000円

ヘレナフォースC.3

ビタミンCを配合したエイジングケア美容液です。

ヘレナ ルビンスタインがビタミンCに着目し、初めて美容液を作ったのが1995年です。

それから20年。

新規成分をいろいろ取りながら、ビタミンCの研究を常に続けてきました。

ビタミンCには、それぐらいの価値があったからです。

作用な作用を最大限引き出しながら、

でも、「不安定で肌になじみにくい」

という欠点を補う!

全力で研究し、ついに完成したのが、「フォースC.3」です。

肌に触れると時間差で覚醒するピュアビタミンC、2種のビタミンC誘導体を配合。

安定性を保ちながら水を一滴も使わず作られています。

使うのはいつもの化粧水や美容液の後です。

水分を含んだ肌になじませると、ほのかな温感とともにビタミンCが覚醒する、という仕組みです。

何もかもが新しいビタミンC美容液!

ヘレナのフォースC.3がスゴイ4つのポイント

いつもの美容液の後に使うチャージセラム

肌に触れると心地よい温感とともに、ビタミンCが目覚めます。

フォーミュラあらなめらかな肌触りまで、ブランドのこだわりが凝縮された1本です。

50ml 22,000円

1
3種のビタミンCが時間差でリリース

ピュアビタミンC、ビタミンC(map)、ビタミンC(g)が時間差で働く「クロノリリースシステム」。
ヘレナルビンスタインならではの配合です。


2
水を1滴も含まないフォーミュラにより安定化

水に弱いビタミンCを安定した状態で配合するために水を含まない「オレオ ベース」を採用しています。

肌の水分と触れたとき初めてビタミンCが目覚めます。


3
「グリコール」配合で肌なじみがアップ

美容液を肌に塗ったときにふわっと感じる温かさは、肌なじみのいい成分「グリコール」によるものです。

ビタミンCをのせて、するするなじみます。


4
肌に取り込むサポート成分も配合

加齢とともに下がる、ビタミンCの肌への吸収力に着目し「アフリカバーチエキス」を配合。

細部まで縛りに寝られたフォーミュラ!

公式サイトを見る

Amazonの方が、7,160 (30%)安く購入できます。

Amazonで購入する

マーケットプレイスではなく、Amazon本体なので、安心感があります。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする