【RF美顔器】ヤーマンのフォトPLUSがアラフォーが使うべき理由と口コミ、6つのポイント

RF美顔器 ビューティーフォトPLUS

ヤーマンRFビューティフォトPLUS
サロンでも使われているRF、EMS、冷却機能の他、赤色LED、イオンの力×バイブレーションを搭載。

1台6役で、普段のスキンケアだけではケアしきれない満足感の高いお手入れがかなります。

ハリと潤いが満ちた透明感のある肌へ。

ヤーマン公式サイトへ>

RF美顔器 ビューティ フォトPLUSを使った口コミ

-加藤さん-

満足度の高い使い心地!
美顔器のイメージが変わりました

美顔器と聞くと、重かったり、高機能であればあるほど、使い方が複雑なイメージがあったので、今まで手にすることはありませんでした。

でも、「RF ビューティフォトPLUS」は、高機能なのに付属品も少なくてコンパクト。

さらにコードレスなので、とてもお手軽です。

早速、夜試すと、まるでステにいったような心地よさ。

クリーンモードの後のすっきり感や、翌朝のハリ感や化粧ノリのよさ。

今までのスキンケアでは感じたことのない満足感でした。

実際に、3人が使った口コミはこちら>

RFビューティフォトPLUSと一緒に!エクストラセラムがおすすめ

オンリーミネラル エクストラセラム

シリーズに合わせた処方設計で、RFの音感をより実感!

ラジオ波サポート成分配合でRF機能の温感を15%アップしてくれる処方です。

心地よいアタタタまりとともにハリ感も!

RFビューティーフォトPLUSが頼れる6つの理由

理由1.真相まで温めて弾力UP(RF)

サロン用機器にも搭載されてる1MHzのRF(ラジオ波)を出力。

肌のすみずいmまでじわじわと温めて、肌を引き締めます。

理由2.毛穴クレンジングで透明感(ION)

普段の洗顔やクレンジングでは落しきれないメイク残りや毛穴の汚れ。
微弱な電気とバイブレーション機能によって装着したコットンに汚れを吸着します。

理由3.浸透保湿でプルプル肌(ION)

微弱な電気を使用し、化粧水や美容液の美容成分を肌の奥深くまで浸透させ、保湿効果を高めます。

さらにバイブレーション機能でお手入れの実感アップ。

理由4.顔の筋肉を刺激(EMS)

そもそも筋肉は脳から送られている電気信号で支持を受けて働きます。

EMSでは、直接、その電気信号を筋肉に伝え、意思とは関係なく筋肉を動かし、簡単に顔の筋トレが可能です。

理由5.気になる目元もケア(LED)

エステサロンでハリ・弾力ケアに用いられる赤色LED搭載で、押し返すような弾力に満ちたハリ密度の高い肌へ。

また、エイジングサインが気になるまぶたにも使用できます。

理由6.ひんやりケアでキメ美肌(COOL)

ひんやり冷却機能で肌を引き締め、キメの整った化粧ノリのいい肌へ。

温冷美容できゅっと引き締まった潤い肌をキープ。

驚くほど、進化した美容ギア! RF美顔器はアラフォーこそ使うべき

あなたは美容家電に対してどういったイメージを抱いていますか?

かなりの人が、美容家電に対して、ネガティブなイメージを持っています。

特に、アラフォー世代!

それも、この世代が美容を始めたころは、かつての美容家電が注目をあびていて、その期待を裏切るものが多かった・・・

それは、正直なところで、そのイメージや体験がつきまとっているのもあるでしょう。

でも、この美容家電分野は、この3,4年で劇的な進化を遂げています。

考えてみてほしい!

奇しくも、20年で、「家の電話」が「スマホ」に進化した。

美容家電もそれぐらい進化している!と思ってほしい。

そして、その進化に一番実感しているのは、日本人ではなく、中国人です。

中国人は、美容家電を爆買いしています。

今や、家電量販店の1階には、美容家電コーナーがあり、そこには日本語よりも、中国語や韓国語などの外国語向けの説明が溢れています。

当初、美容ギアは、自分でコロコロさせるものが多かったのですが、今は、違います。

これは、初期の携帯と今のスマホのような感じです。

さらに、大切なことは、アラフォーこそ、美容家電を一番取り入れるべきで、さらに、お手入れが一番効く年齢です。

化粧品ではどうしもできないことをしてくれるのが、美容家電です。

人の手では、到底できないことをしてくれる。

進化した美容家電は、想像つかない人が多いはずです。

もうイメージと一番違いますし、実際使ってみると、手放せない人が多いです。

今の最先端美容ギアは、プチ整形的に近い!?ところまでなるものも。

その代表例は、

RFリフトテクノロジー

です。

おそらく、今の美容家電において、最も進んだ美容家電です。

クリニックなどにおける「ラジオ波」と同じ働きをする先端技術。

表面ではなく、奥を温めるテクニックによって、引き締め、ハリをもたらし、上へ上へとゆっくりと動かすことで、その場でリフト実感を得ることができます。

このRFリフトテクノロジーを確立させて、その効果を家庭用機器でも叶えてくれるように市場を引っ張ってきたのは、ヤーマンです。

まだ市場にないモノをゼロから作るアイデアと技術は他社にないものがあります。

もともと業務用のエステ機器を作っていたので、他社とは経験値が違います。

ヤーマンの得意技である、キャビテーションやフォト機能、EMS、イオン導出入、そして何より「RFリフト」まで、ほしい機能を5,6つも一つの機器に同時搭載できます。

しかも、業務用に近い出力を実現。

だからこの「RFビューティーフォトプラス」も1台あれば、エステ級の施術が一通りすんでしまいます。

それが、高級クリーム1個分の価格で手に入って、半永久的に使えるので、これほど効率よく、また確実な肌に優しい協力なエイジングケアってないと思う!

ヤーマン公式サイトへ>

「こする」のはNG!真皮に働きかけるマッサージは有効

化粧品で真皮を活性化させるのは難しいのですが、マッサージなら可能です。

ハリの元=コラーゲン製造工場である真皮にぐっと効かせれば、自分の手でぷりっと肌が育っていく手応えが。

コツは、肌表面をこすらず、深い部分に圧を届けることだけです。

手軽に行いたいという人は、美顔器の方がおすすめです。

コラーゲン量をUPするマッサージ

スキンケアの最後に行う美髪マッサージは、2分ぐらいですぐに終わります。

目元のたるみ、法令、フェイスラインに効果がすぐ実感できます。

ステップ1.目の使いすぎで凝る目元に指の圧をリズミカルにかけます

薬指を目頭、中指を眉顔に添えます。

両手同時に行うのではなく、片側から1.2とリズミカルに。

肌の受け入れ体制を整えます。

ステップ2.シワがよりがちな眉間は、すっと左右に開きます

目頭と眉間に指をそのまま、外側へすべらせます。

こめかみまで到着したら、そのまま指を止めて軽い圧がかかるようにプッシュします。

ステップ3.中央によりがちな目元が開きスッキリと明るい表情に

こめかみに軽く圧をかけたら、そのままパット指を離します。

このとき、左右同時ではなく、片方ずつリズミカルに行いましょう。

ステップ4.たるんで生じるほうれい線は、微圧で伸ばしてカバーします。

中指をほうれい線に沿わせて、外側に広げるようなイメージで3秒押します。

ぐらついた人は、親指を頬に添えて支えるとやりやすいです。

ステップ5.凝り固まった頬をリフトしてふっくら顔に

親指の付け根を頬骨の下にそえ、3秒リフトアップします。

コリがたまりやすい場所なので、痛気持ちいいぐらいの圧でぐっと上げましょう。

ステップ6.クマやむくみと無縁でハリ感あふれる目元へ大変身

中指と薬指の目の下、目頭側に添えてすごく軽い圧で外側へ流します。

クマ解消だけでなく、たるみがちな目元のコラーゲン強化にもつながります。

実際に、3人が使った口コミはこちら>

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする