CHICCAプレストパウダーの4つの疑問と6つのポイント

CHICCA(キッカ)プレストパウダー

◯キッカ ラディアントヌード プレストパウダー
キッカ ラディアントヌード プレストパウダー

価格:4,500円(税別)
内容量:11g
色:1色

CHICCA公式サイトを見る

◯キッカ ラヴィッシンググロウ プレストパウダー

キッカ ラヴィッシンググロウ プレストパウダー

価格:4,500円(税別)
内容量:12.5g
色:4色

CHICCA公式サイトを見る

プレストパウダーのよくある4つの疑問

改めて考えるとよくわからないのですが・・・プレストパウダーって何ですか?

ベースメイクの仕上げにひとはけ。<br /> ツヤをコントロールするアイテムです。

肌つくりのメインアイテムと言えば、やっぱりファンデーションです。

プレストパウダーの役割は、ファンデーションで作った肌の色やカバー力は変えずに質感だけを調整します。

朝のベースメイクの仕上がりを、程良いツヤ感で保ち、時間が経って分泌される皮脂によるテカリを抑え、ラメのハイライト効果で上品な光感をまとうことができます。


プレストパウダーで白っぽくなりませんか?

プレストパウダーは、ファンデーションの仕上がりを崩さないものです。<br /> カラーレスのパウダーを使いましょう。

昔からプレストパウダーは、ツヤ感を調整するために使われてきました。

そこで、おすすめは、トランスルーセントパウダーです。

カラーレスで透明に仕上がります。

ファンデーションの色を変えずに、肌に透明感を与えて、よりナチュラルな仕上がりに。

もちろん、白浮きはしません!!


プレストパウダーってメイク直しにも使う??

メイク直しは、ファンデーションでやりましょう。<br /> プレストパウダーは、あくまでもツヤ感を調整し、肌を上質に見せるためのものです。

朝、家ではファンデーションで肌を作り、化粧直しにプレストパウダーを使っている人は多いと思います。

ファンデーションがくずれたら同じ質感を作り出すファンデーションで直しましょう。

テカリを抑えるためにプレストパウダーは、使うべきです。

ベースメイクの仕上げに皮脂吸着パウダー配合のプレストパウダーをひとはけすればツヤ感をコントロールし、肌を上質に見せてくれて、ファンデーションのもちも良くなります。


やっぱり、プレストパウダーは、使った方がいい?

美しいツヤ肌に仕上がるので、使いましょう

ひとはけで旬のツヤ感が出ますし、そのツヤ感の中にファンデーションの美しい仕上がりをキープしてくれるのがプレストパウダーです。

美肌仕上げが長持ちするだけでなく、上品なツヤの光をまとうことで印象自体が格上げされ、オーラをまとったような肌になります。

カラーレスなので肌に溶け込んではっきり目には見えませんが、印象的な美しい肌感に仕上がります。

キッカのラディアンヌードプレストパウダー6つのポイント

プレストパウダーは、上質肌に仕上がります。

1.ノーカラー粉体×ガラスラメのツヤ

目に見えない、色を感じないノーカラー粉体を使用し、この粉体をベースに透明感の高いラメを掛け合わせることで生まれるのが、肌を自然に輝かせるふんわり上質なツヤ感です。

まるで美しい素肌のような艶感を醸し出します。

2.光にあたって初めて艶めく隠しラメ

今回、採用されているのは「中心が透明なラメ」です。

輝きは目に見えるのに、ラメ本体は目に見えない、不思議な基材です。

このラメの配合によって、ミストを吹きかけたときのような光感が肌にON。

光が当たった時に初めて、まるで肌そのものから湧き出てきたようにツヤめきます。

3.一見、グレイッシュないろが透明感を演出

CHICCAのプレストパウダーの表面は、ややグレイッシュに見えます。

このごくわずかな暗さが重ねても不自然に白く浮かずになじむ秘訣です。

ノーカラー粉体とラメにより、ニュートラルな肌の色をキープしながら、透明感を演出します。

4.自然なハイライト効果を生み出す

このパウダーは白っぽくトーンを上げたり、パールのハイライトのようにギラッとした光膜で覆ったりしません。

なので、自然なハイライト効果を実現できます。

光が顔に降り注いだときだけラメの効果で、額や鼻筋、頬骨が明るくツヤめき、自然なハイライトになります。

光が当たらない肌とのコントラストで立体感も演出できます。

5.近くでキラッ!遠くで明るい上質肌仕上げ

近くで見ると肌の高い部分のラメが光を受けてさり気なく、キラッときらめき、でもほかの部分は素肌っぽいツヤを帯びながらもごくナチュラルです。

でも、遠くから見ると肌全体がほのかに発光しているような明るい肌に見えます。

ノーカラー粉体と隠しラメの絶妙な配合バランスで、美しい素肌のような艶感を実現できます。

6.固め質感+ブラシづけでジャストな粉感

ツヤをコントロールするアイテムとして、一番の敵は、粉っぽさ、です。

これを防ぐためにわざと固めにプレスしてあります。

また、ツールはパフでなく、ブラシです。

ブラシにすることで、無駄な粉つきを防ぎます。

たっぷりの毛量と長めの毛足、厚みのある平筆が、ひとはけで適量をとることができます。

キッカ パウダーファンデーションだから作れる上質肌とは

しっとり濡れているような美しい素肌のツヤ感を放つ!
上品なオーラが醸し出された肌です。

ファンデーションで整えた肌を生かし、美しい素肌のような艶感にコントロール。

キッカのプレストパウダーを顔全体にまんべんなくつけていくと、光が当たった部分だけ、隠しラメが反射してほのかにきらめき、上質感を感じるツヤとなって自然なハイライト効果を発揮します。

それはまるで、華奢な金のネックレスが肌の上でキラリと光ったときのようにさりげなく、洗練された高級感のある肌にドレスアップします。

<これを読まれた人に好評な記事です>

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする