夏の毛穴ケア!毛穴レスする方法とオススメ化粧水はイリューム

夏の毛穴ケア

夏になると毛穴が目立つのはなぜ?

夏でも肌が乾燥するのはなぜ?

って思いませんか?

夏の3大肌ダメージは、

  • 季節の変わり目による肌の変化
  • 乾燥のダメージ
  • 生活の乱れによるダメージ

が大きな原因です。

気温の変化、日々増えていく紫外線量、ほこりや、エアコンによる湿度の低下

夏の肌内部は、もうダメージを受けるしかありません。

◯バリア機能の低下
◯代謝に乱れ
◯うるおい不足

などなど、夏こそ、肌トラブルが多く、最もケアすべきは、

やっぱり、乾燥、です。

春から夏にかけて、気温の上昇とともに、皮脂や汗の分泌量が増えるため、肌表面は、乾燥していない、と思いがちですが、実は、違います。

勘違いしているので、保湿を怠り勝ち。

徐々に、強くなる紫外線やエアコンの影響で、驚くほど肌から水分がなくなっており、そこに食欲不振、生活習慣のみ誰などによって、肌代謝はいっきに悪化し、乾燥が加速するケースが多いです。

乾燥した肌は、角質が乱れてバリア機能が弱まるため、

ダメージを受けやすい
ダメージが回復しにくい

こんな状態になり、毛穴が目立ち、ごわつき、くすみなどが目立ちます。

夏は、紫外線が強いから美白ケアに傾きがちですが、ちょっと待った!!

しっかりと、うるおいを見直して、毛穴レスさせる、これが夏は思った以上に大事です。

春夏は、思った以上に乾いている!春初の肌対策で気をつける3つ

1.春夏にきちんとうるおいケアをしないと、肌老化につながる

紫外線は、シミ、そばかすの原因になるだけでなく、肌からうるおいを奪い、キメの乱れ、毛穴の開きを引き起こします。

それだけでなく、肌をフケさせる最大の原因になります。

紫外線量が多くなるのは、夏ではなく、春から!

春からしっかりと紫外線ケアをしないといけません。

2.紫外線は、肌から水分を奪う

日々紫外線に直面している頬の水分量は、紫外線を浴びていない二の腕に比べ、約3分の2しかないという研究データがあります。

紫外線は驚くほど、肌から水分を奪っています。

さらに、乾燥した肌は紫外線のダメージを受けやすいという負のスパイラルが・・・。

春先〜夏に向けて、うるおい補給&紫外線対策を行うことは必須です。

3.保湿ケアが不十分だと、どんより&ごわつきに

春〜夏は紫外線から肌を守ろうと角質が厚くなり、透明感を失ってくすみがちです。
気温の上昇などで肌表面の水分が汗とともに流れ出し、乾燥、キメの乱れ、ざらつき、ごわつきの原因に。

解決策は、まず保湿すること!

最も毛穴が目立つ春〜夏!!毛穴レスする2つのポイント

毛穴引き締める

1.乾燥によっても、毛穴が目立ってしまう

30代が夏に気をつけなければいけないのは、乾燥毛穴です。

水分が不足して肌表面が乾燥すると、肌のキメが乱れて、よけいに毛穴が目立ちます。

肌表面のキメが、たっぷりのうるおいでふっくらとすれば、毛穴の開きも目立たなくなります。

2.毛穴トラブルには、4つのタイプ!悩み別にケアを

意外と乾燥しやすい春夏は、皮脂分泌野活発化による

皮脂毛穴
乾燥毛穴

に悩む人が多いです。

これだけでなく、

黒ずみ毛穴、
たるみ毛穴

など、毛穴悩みはさまざまです。

<皮脂毛穴・黒ずみ毛穴のケア方法>

小鼻周りの黒ずんだ毛穴やテカリが気になる皮脂毛穴は、洗顔のほか、余分な皮脂や角栓を取り去るケアがオススメ。

頬のたるみ毛穴は、ハリ&弾力をアップさせるケアをしましょう。

夏の肌悩み・肌トラブルを解消するスキンケア講座

1.日焼け止めをつけたのに、焼けてしまったときは・・・

うるおいの土台を作る
作った上で、塗れ漏れを防ぎ、日焼け止めをしっかり塗りましょう

おそらく、日焼け止めの塗れ漏れがあった、もしくは、量が少なく、適量が使えていなかった、この2つが原因です。

この日焼け止め問題はけっこう多く起こるトラブルの一つです。

顔全体にムラなくつけ、日焼けしやすい箇所は、重ね付け、もしくは塗り直しをすることも大事です。

また、見落としがちですが、朝の保湿ケアが充分でなかった、可能性もあります。

知らない人も多いぐらいの問題です。

うるおいの土台がしっかりととのっていないと、日焼け止めやファンデーションを塗っても、ノリが悪かったりしまs.

せかっくの紫外線対策がしっかり機能を果たしてくれないことに。

保湿ケアも朝からしっかり行いましょう。

<UV(日焼け止め)塗り忘れポイント>

メガネがあたる箇所、まぶたや目の回り、耳たぶ、耳裏、フェイスラインや髪の生え際、首の後やデコルテなどは、塗り忘れないように。

あと、頬の高い位置は、重ね塗りしましょう。


<UV(日焼け止め)の塗り方>

1.顔全体に行き渡るように、頬、両頬、あごにおき、広面から全体に伸ばします。

2.指の腹で、小鼻や目のキワ、フェイスラインまで、なじませていけばOKです。


2.夏になると、化粧水が浸透しにくくなることも!選び方、使い方とは

今一度、化粧水の正しい量をしっかり使い、肌奥まで潤いを届ける

まずは、化粧水がしみこみやすい土台を作るために、肌表面のメイク、汚れ、不要な角質やごわつきをケアすることが、化粧水の前のステップとして大切です。

そのうえで、化粧水はコットンを使って、正しい量と方法で浸透させます。

化粧水は、500円玉よりも大きいぐらいの量を手に取り、肌に必要なうるおいをしっかり与え、浸透させます。

<化粧水の浸透をさせる方法>

1.コットンに化粧水を、500円玉よりも大きいぐらい、裏まで透けるぐらいしっかりと含ませます。

2.化粧水を含ませたコットンで、まずは皮脂の多いTゾーンや小鼻部分から、やさしく拭き取ります。

3.コットンを裏返し、顔全体を約1分パッティング。

1箇所につき、約10回が目安です。

4.最後に手のひらで肌全体をプレスし、潤っているかどうかの確認もできます。


3.スキンケアの時間がない・・・毛穴を簡単にケアする3つの方法

ながら「毛穴ケア」を実践

特別なスキンケア商品を買う必要もなく、いつものお手入れの中で時間をかけずにできる「ながら」毛穴ケアをしましょう。

◯クレンジング&洗顔&毛穴ケア

コットンみたいなシートを使って、水濡らし、クシュクシュ丸めながら洗顔を泡立てます。

・コットンみたいなシートオススメは、

洗顔、メイクオフ、角質除除去ができるパーフェクトクリーンリーブス

顔全体を泡でやさしく洗いつつ、毛穴部分は、シートでクルクルマッサージを。

◯クレンジング&毛穴ケア

小鼻やこめかみ、あごの窪みなど黒ずみが気になる箇所をクルクルマッサージします。

◯化粧水&毛穴ケア

毛書数位をしっかり含ませたコットンで、皮脂の多いTゾーンや小鼻部分からふき取ります。

コットンを裏返し、顔全体を約1分間パッティングします。
1箇所につき約10回。

4.乾燥しやすいので、ベタつく・・さっぱりタイプでハンドプレスを

ベタつく感触が嫌、という人は、保湿ケアを怠り勝ち。

乾燥が進む原因なので、それは避けたいですよね。

うるおい効果をしっかり持ちながらも、使用感がさっぱりしたタイプ、軽い感触の化粧品を選びましょう。

また、ベタつきだと思っている場合でも、実はスキンケアした後のなじませが足りないために、なじみ切らずに肌表面に残っているというケースもあります。

ひとつひとつのアイテムをつけた後は、ハンドプレスでしっかりなじませましょう。

<やり方>
顔全体の後、鼻や目元、口元などのキワまで、指先できちんと馴染ませましょう。

朝時間がない時は、乳液後、肌表面を軽くティッシュオフすると、ベタつきが即解消します。


5.保湿した後、すぐ乾く・・・乳液でフタして潤いを逃がさない

せっかく化粧水で水分を与えても、その後にうるおいが逃げないようガードする皮脂膜の役割がないと、どんどん肌から水分が蒸発します。

化粧水・美容液を使ったあとは、肌表面に油分の膜を張る乳液で、与えたうるおいにフタをする必要があります。

夏は、乳液を省く人も多いですが、紫外線などの影響で肌の水分が失われる春夏こそ、朝晩、しっかりとうるおいを閉じ込めましょう。

<乳液の使い方>
乳液は村づきしやすいので、注意しましょう。

両頬、額、あごに置いてから、顔全体に。

特に乾燥しやすい目元は、乳液を白くなるくらい重ねて、ラップをかけて5分置きましょう。


6.紫外線を浴びた後、ケアしなくて後悔・・・その日のうちにたっぷり保湿

その日のうちに、しっかりうるおい補給でたっぷり保湿を

紫外線ダメージを残すのが一番ダメです。

その日のうちにしっかりケアすることが大事です。

紫外線は肌にほてりや炎症を起こし、うるおいまで奪います。

美白美容液をつければ挽回できると思いこんでいる人が圧倒的に多い・・・

それには、前提条件があります。

うるおい土台が整っている

これがないと、美白美容液でいくらいいものを付けても・・・

毛書数位でたぷりとうるおいを与えて、肌を整えてから、美白美容液を使いましょう。

今日は、紫外線を浴びたな〜という人は、シートマスクを使うのがオススメです。

7.明日は同窓会!イキイキした顔で、みんなに会いたい時は

スペシャルケアアイテムを投入しがちですが、違います。
いつものアイテムをスペシャル使いしましょう!!

特別なイベントの前は、いつものアイテムをちょっと手をかけた使い方をして、イキイキとした印象の肌に。

特にくすみが気になるときは、美容液をマッサージしながら使いましょう。

血液やリンパの流れが促進され、明るい元気な肌へ。
ファンデのノリも良くなり、さらに化粧水でコットンパックもあわせ技で。

<スペシャル使いの方法>
1.指全体を使い、耳の後ろから鎖骨までなで下ろし、リンパの流れを良くします。

2.美容液を、2、3プッシュ分取り、内から外へ螺旋を描くようにマッサージしましょう。

3.目元〜耳、耳の前〜あごの付け根まで、指をすべらせます。
この2,3を5回繰り返します。

4.額を内から外に向かって、くるくると螺旋を描くようにやさしくマッサージ。

5.化粧水をコットン3枚に含ませ、各3枚に裂いて9枚にします。
顔にのせて3分パックします。

乾燥、毛穴悩みを吹き飛ばすおすすめ化粧水

高保湿化粧しで、365日、うるおいが続く!

思っている以上に過酷な状況にある春夏の肌環境から、30代、40代の肌を救う鍵となるのが、「うるおい」です。

紫外線や、気温の上昇、寒暖の差、加齢、生活の乱れ、エアコンの影響などでダメージを受けた肌は、うるおいが浸透しにくく、さらには、せっかっくうるおいを補給してもすぐに蒸発してしまうのが、悩みの種。

そんなうるおいを逃しがちな私達の肌にとって、頼もしい味方となるのが、この2本の化粧水。

◯イリューム モイストキャプチャー エッセンスウォーター
◯イリューム モイストキャプチャー エッセンスウォーター ライト

イリュームが目指したのは、うるおいを長時間キープできる肌環境づくり。

独自の成分「アクアインセル」に加え、ヒアルロン酸を含んだ保湿成分を配合して、肌のすみずみまでうるおいで満たします。

まるで砂漠が水を吸い込むように肌に浸透するのに、肌表面は驚くほどなめらかなテクスチャーなのも魅力です。

ライトタイプは、

うるおってほしいけれど、ベタつくのは嫌!

という声に耳を傾けて登場した化粧水です。

肌をうるおわせながらひんやりキュッと引き締めるので、うるおいはほしいけれど、毛穴やテカリに悩む人、また汗をかきやすい夏に使うのもオススメです。
イリューム公式サイト

イリューム モイストキャプチャー エッセンスウォーター

イリューム モイストキャプチャー エッセンスウォーター

どんなに乾いた肌にもOK!
うるおいとじこめ化粧水

2001年に誕生。
イリューム製品の中で人気も、買った人のリピート率もNo.1!

超愛されうるおい化粧水です。

美容液成分をギュッと濃縮したようなとろみのあるテクスチャーで、乾いた肌にもすみやかにsン等し、瞬時にうるおってぷるん!

独自成分「アクアインセル」配合で、肌のすみずみまでうるおいで満たし、乾燥に負けない、健やかな肌に導きます。

乾燥が深刻な人やしっとり感触が好きな人におすすめ。

イリューム モイストキャプチャーの3人口コミ

-34歳-
もう3年ほど、愛用。
いろいろと浮気しては結局、この化粧水に戻ってしまいます。

寒い日も暑い日も一定で、環境に左右されない良好肌を保てているのがお気に入り。

-36歳-
特に乾燥小じわがきになる目のシワに、化粧水をひたひたに浸したコットンを半分にして、約5分間はりつけるようにしました。

最近、なんだかいい感じです。

-32歳-
初めて使いましたが、「あっ、肌に入ってる〜」というのをすぐに実感。

つけた後はもちもちに!

夕方になっても肌がしぼまず、元気な肌が長持ちする気がします。
イリューム公式サイト

イリューム モイストキャプチャー エッセンスウォーター ライト

イリューム モイストキャプチャー エッセンスウォーター ライト

乾燥毛穴にも皮脂毛穴にも。
頼りになる化粧水

肌温度を下げてくれる、クールアップ成分の入ったひんやり化粧水は、暑い日などには特に気持ちいい〜。

新たに、ライチ果皮エキスを配合し、みずみずしいうるおいを与えます。

ひんやりさせて毛穴をキュッと引き締めるこの化粧水、乾燥からくるキメの乱れによって目立つ乾燥毛穴、過剰な皮脂によって目立つ皮脂毛穴に悩む人にもおすすめ

ほどよいとろみ感で、春夏に使い安い軽い心地を実現。

イリューム モイストキャプチャー エッセンスウォーター ライトの口コミ

-32歳-
オイリードライ肌なので、テカリがちなTゾーンや小鼻回りは、ライトタイプで拭き取るようにしました。

ひんやり気持ちよくて、毛穴も目立たなくなった気が!

-36歳-
すーーーっと肌奥にしみこんでいく感じで、うるおいが高まり、重ねづけしてもまったくベタつかず、さらさら。

暑い日の朝に使うと化粧ノリがよくなるのがポイントです。

-34歳-
汗をかいた日やお風呂上がりに、このライトタイプでコットンパックをすると、ほてりがクールダウンされて気持ちいい〜。

うるおって、肌ツヤがよくなった気が!
イリューム公式サイト

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする