ジュレリッチWクリーム使いで生美肌を目指す!浸透力のある化粧品で+

Wクリーム使い方

クリームW使いで生美肌を目指す

保湿&血流UPが美肌のカギ

スキンケアの一番抑えるべきことは、「保湿」ですよね。

ここは避けては通れません。

加えて、バリア機能UPに働きかけるアイテムを使えば、木枯らしや暖房・冷房、ストレスなどマイナス要因をケアできます。

同時に血流をUPさせて、低下気味の肌の新陳代謝を上げることも重要です。

オススメは、ジュレッチのクリームと目元・口元用クリーム。
ジュレリッチクリームジュレリッチアイクリーム

ジュレッチとは

弱酸性・界面活性剤無添加、無香料、無着色など低刺激性にこだわった全薬工業のエイジングケア。


ジュレのようにプルプルとした潤い感。

若い頃、気付かずに備わっていた「若さのエキス」を補えるような実感が得られます。

2品とも美容液のような使用感なので誰でも心地よく使えるはず。

さらにピンチングやプッシングなど、ごく簡単なマッサージを加えれば、きっと血色もUP。

イキイキとした肌を目指せます。

ジュレリッチのWクリーム

1.クリーム:エクストラ インジュビネート トリートメント
28g 7,500円
エクストラ インジュビネート トリートメント

パックしたような深い潤いで、キメ・艶・ハリ・透明感UP!

「ツボクサエキス」や「アルテミアエキス」など、天然由来の保湿成分たっぷりの集中保湿クリーム。

みずみずしいプルプルのテクスチャーはとっても使いやすい!

肌全体が潤いの膜で覆われたかのようなハリ感は感動モノです。

潤いで満たされたときだけに生まれるキメの細かさ、透明感や艶が出るのもGoodです。

2.目元・口元用クリーム:リンクルリペアフォース
ジュレリッチリンクルリペアフォース
小じわが目立たなくなりピンとハリのあるふっくらとした肌に

3つの肌あれ防止成分に加え、肌弾力をつかさどるコラーゲンやエラスチンに働きかける「イノンドエキス」や「酵母エキス」を配合。

クリーム自体の密度の高さとコストパフォーマンスの良さがお気に入り。

コクがあるのにしなやかな肌なじみ。

年齢を重ねた女性でも目元・口元がふっくらする実感が得られるはずです。
ジュレリッチ公式サイト

エクストラクリームの実感する3ステップ

気になる部分に重ね塗りしてから顔全体をつまんで血流UP。

乾きやすい頬の側面は要チェック!

1
少量を顔に5点おき、こすらずになじませて

額・両頬・鼻・あごと顔の5点に置き、指先で少量ずつ優しくのばしてなじませます。

こすらず、包み込むように肌に入れ込むのがポイント。


2
乾燥が気になる部分に重ね塗り

クリームを早く吸い込んだ部分や乾燥しやすい部分には重ね塗りを。

水分も油分も不足しがちな頬の側面は、特に忘れずにたっぷりと。


3
ピンチングしながら浸透させる

あごから頬にかけて約1分程度、人差し指と親指の腹を使ってつまみます。
顔の疲れやこわばりもほぐれて、浸透力がさらにUP!

目元&口元用クリームの実感する使い方

デリケートな目元・口元には、繊細で柔らかい中指 or 薬指で!
人差し指はNGです!!

1
中指でテクスチャーを柔らかくする

濃厚なテクスチャーなので、適量を中指にとったらもう一方の中指とこすり合わせます。

指先の体温で柔らかくすれば、より浸透しやすい。


2
タッピングしながらなじませます

目頭からこめかみに向かって、中指か薬指で軽く押さえるようにしてなじませます。

人差し指にはチカラが入りすぎるので使わない!!


3
指の背 or 腹でマッサージ

目周りは人差し指の第二関節を使い、がんかのくぼみに沿って、内側から外側へとプッシング。

口角はつまむようにしてマッサージ。

美肌でいるための条件は、浸透力がある化粧品を選ぶこと

冬場は、乾燥から逃げられない。。。
夏になっても、エアコンがそこらじゅうでついているので、同じく乾燥がひどい。。。

寒暖差もありますからね。。

この状況下で、油分多めのアイテムで肌の表面を保護する選択をしがち。

でも、水分も肌内部(角質層)までしっかりと行き渡らせることが大事です。

それができないと油分は浸透しませんし、逆に油分が多すぎると酸化して、肌に悪影響を与えてしまうことも。。。

乾燥・・・そしてキメの乱れやハリ、艶のなさ、小じわなど、乾燥から来るさまざまなエイジングサインに悩む女性こと試して欲しいのが、浸透力が抜群のジュレリッチのローション&クリームです。

製薬会社である全薬工業独自の厳しい基準へのこだわりから生まれたエイジングケア商品です。

高機能成分を配合しながらも低刺激処方で、敏感肌でも使えます。

また、美容成分を超ミクロの多重層カプセルに閉じ込めて肌(角質層)の必要な部分へ効果的に送り届ける「リポ・ナノターゲティングシステム」を採用しています。

この独自のナノ化技術によって、ローションはとろみがあるのに、肌(角質層)にスッと浸透して、油分の受け入れ態勢を整えます。

クリームは少なめ油分&水分とのバランスが絶妙な、乳液に近い「バニシングクリーム」。

ベタつかず、保湿力も肌(角質層)への浸透もGoodです。

肌表面に残る油分が少ないため酸化の心配も少なく、肌になめらかに溶け込んでハリ・弾力・東名亜kんのある肌へ。

乾燥の激しい冬でもジュレッチというネーミングどおり、みずみずしく上質な輝きを放つ美肌へと導いてくれます。

浸透力の秘密1:白濁ローションなのに浸透力がスゴイ

ナノ化技術を採用したジュレリッチのローションは、スポンジに浸した瞬間から素早く浸透。

5秒後、ジュレリッチは約2倍も浸透しているが、同じくらいとろみのある一般的な処方のローション(試作品)は、浸した底部にしか化粧水が浸透していません。

浸透力の秘密2:油分が少なく水分とのバランスがGood

あぶらとリフィルの表側に一般的な処方の顔用保湿クリーム(試作品)とジュレリッチのクリームを塗ります。

裏まで油が染み込んでいるのは、油分が多い証拠です。

ジュレリッチのクリームは乳液に近く、油分と水分のバランスが肌(角質層)への浸透にGood。

油分が肌の上で酸化する心配も少ない。

◯ジュレリッチ ローション
120ml
4,935円

ジュレリッチローション

肌コンディションを整えて、保湿されやすい肌を作るローション

保湿成分「ツボクサエキス」「ナノ化ローズマリーエキス」や、肌を外部刺激から守って潤いを保つ天然由来の美容成分を配合。

トロリとしたコクがありながら、角質層あでスッと浸透する白濁タイプのローション。

お手入れの最初に肌コンディションを整えて、次に使う保湿アイテムの効果もサポート。

◯ジュレリッチ トリートメント

エクストラ インジュビネート トリートメント

油分少なめのバニシングクリームで、癒やされながら集中保湿!

油分少なめでイヤなベタつきがないのに、リッチな潤いに導くことができる「バニシングクリーム」。

保湿成分「ツボクサエキス」や「アルテミアエキス」、美容成分「オリゴペプチド-6」など、天然由来の高機能成分を配合。

みずみずしいテクスチャーで肌の角質層あで溶け込むように浸透してキメを整え、艶・ハリ・弾力・明るさを引き出します。

乾燥による小じわを目立たなせなくする効果も。
ジュレリッチ公式サイト

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする