夏ボディケアの方法|浄化の塩vs保湿の砂糖、どっちがおすすめ?

ボディケア

紫外線をたっぷり浴びる夏のBODY。

  • ざらつき
  • ごわつき

これらを一掃したいけれど、乾燥も気になる・・・

ミネラルで老廃物をデトックス、糖でコラーゲンを育成

おなじみの、「調味料」に実は、すごい美肌効果が隠れていました!

保湿の砂糖 vs 浄化の塩

あなたは、どっちでボディ磨きをする?

塩でデトックスする!塩の4つのチカラとは

塩デトックス

1
毛穴の汚れを引き出し浄化

塩には、肌や毛穴の汚れを引き出すデトックス効果があります。

また、海洋療法などでは古来、体の炎症やメンタルストレスなどの鎮静に塩が用いられてきました。


2
塩のツブツブで肌のザラつきを一掃

一般的に手に入る塩は、結晶が角張った形をしていて、ザラザラとした手触りです。

スクラブとして使うと、肌を摩擦して不要な角質をオフ。

マッサージ効果も得られます。


3
ミネラルを与えて健やかな肌に

科学的には、塩=塩化ナトリウムのこと。

でも天然の塩には、マグネシウムやカリウムなど、そのほかのミネラルが混ざっています。

それらが肌にエネルギーを与え、代謝を促進。


4
発汗を促して、体内の循環を高めます

塩を入浴剤として使うと、体が温まって発汗しやすくなります。

全身の循環が高まって、冷えが取れたり、むくみなどの老廃物も流れやすく。
全身がスッキリと軽くなります。

砂糖で保湿する!砂糖の4つのチカラとは

砂糖デトックス

1
水をひきつけ肌を潤す

砂糖には、水分を吸収する性質があります。

肌の上で水分と一体となった砂糖は、とろっとした保湿膜となり、肌に潤いを与え包み込みます。


2
「糖」が肌に栄養を与え、美肌育成

「糖」は細胞のエネルギー源。

代謝、保湿機能の維持など、肌のさまざまな働きのもととなる栄養素です。

化粧品原料としても、糖から生まれた多くの成分が使用されています。


3
マイルドなスクラブ効果で優しく角質オフ

砂糖は塩と比べると溶けるスピードが早く、ぬれた肌に載せると、じゅわっと溶けるのが特徴です。

塩よりも肌当たりが優しいので、マイルドなスクラブとして使うことができます。


4
肌の再生を促し傷の修復を高める

糖には、コラーゲンなど肌組織の再生を高めて、傷の治りを早くする効果もあります。

砂糖を主体としたペーストが、床擦れや慢性皮膚病の治療薬として用いられいてる程です。

浄化と保湿、それぞれの効率を上手に使い分ける

塩は、肌がヒリヒリ、ザラザラ
砂糖は、肌当たりが優しい


塩は、天然に存在するミネラルの一つです。

塩を含んだ温泉が、「美肌の湯」として重宝されるなど、日本人には緑の深い美容素材です。

ヨーロッパでも、アレルギーや皮膚病などの治療に、海水を利用した「タラソテラピー」が用いられています。

塩のもつ消炎作用や鎮静効果は、肌だけでなくメンタルにも良い影響を与えます。

確かに、塩は、「お清め」に使われるなど、悪いものを浄化するイメージがあります。

塩を肌に塗ると、浸透圧によって毛穴の汚れなどが引き出されます。

また、発汗が高まって体内の循環が良くなるので、老廃物なども流れやすくなります。

中でも海からとれる天然の塩は、美容効果が高いという特徴があります。

海水には、カリウムやマグネシウムなどのミネラルがバランス良く含まれています。

組成が人間の体液に似ているので、肌になじみやすく、効果的にミネラル補給できます。

一方で、塩の顆粒は、角ばっていて固いので、強く肌に擦り込むと肌がヒリヒリしたり、染みたりすることも。。。

今、よりマイルドにスクラブケアできる素材として、砂糖に注目が集まっています。

砂糖は、塩と比べて肌の上で溶けやすいので、肌当たりが優しいのが特徴です。

潤いを与える効果もあり、しっとりとした柔らかい肌に。

傷の治りを早める効果がある、とも言われています。

はちみつと同じように、甘い「糖」は肌の栄養源として優秀な素材。

精製されていない糖ならば、ミネラルやアミノ酸なども含まれていて、さらに栄養豊富です。

化粧品成分でも、当由来のものはたくさんあります。

肌を潤す効果が高いので、乾燥によるカサカサをしっとりとしたケアしたいときに特にオススメです。

塩×砂糖 ハイブリッドコスメ

ツブツブが古い角質をスッキリとお年、肌をツルツルに整える塩。

柔らかい顆粒で優しく肌を包み、しっとりと潤す砂糖。

それぞれの効用を一度に得られる、塩と砂糖をW配合したスクラブも登場しています。

ただし、素材の種類や加えた保湿剤などによって、肌あたりはさまざまです。

塩だけのスクラブでも優しい感触のmのもあるので、アイテムを選ぶときは、実際にテスターするのが一番です。

1.オメガ サプリファイング ボディエクスフォリエーター

オメガ サプリファイング ボディエクスフォリエーター

2.ハーバルアロマ パーフェクトマッサージ スクラブシュガー&ソルト

ハーバルアロマ パーフェクトマッサージ スクラブシュガー&ソルト

3.ザ・ボディショップ シアボディスクラブ

ザ・ボディショップ シアボディスクラブ

塩浄化!塩で全身デトックスする6つのポイント

1.イマドキふんわり質感ヘアに。髪の立ち上がりにも「塩」が効く

中村アンさんのような、風を含んでふわっと揺れる質感ヘアを作るのに便利な、塩スプレー。

また塩スクラブ入りシャンプーも、髪の根元に腰を出すのに効果的dえす。

◯ジョンマスターオーガニック シーミストSスプレー
266ml 2,860円

2.古来伝わる塩の浄化力。塩をまとって、気持ちをスッキリ

「気」を清浄にする効果があるとして、古来からお清めに使われてきた塩。

夏は、暑さで気持ちもどんよりとしがち。

塩をシュッとまとって、リフレッシュに役立てましょう。

◯ジョーマローンロンドンウッドセージ&シーソルトコロン
100ml 15,000円

3.高濃度の塩水で体を洗う「塩浴法」で毒素排出&発汗トレーニング

「塩浴」とは、溶け切らない程大量の塩を入れた高濃度食塩水で体や髪を洗う方法です。

塩の浸透圧によって発汗を促し、汚れを引き出すことで毛穴詰まりを解消します。

その結果、天然の美容液である皮脂や汗の分泌が促され、肌や髪の調子が良くなる、という考え方です。

塩浴を開発したのは、松本和子さんという方です。

塩浴生活を始めよう、という本を出版されています。

本の抜粋ですが、

始めて数日間は、毛穴にたまった老廃物がドット出て来るので、ギトギトと脂っぽさを感じる人が多いそうです。

それを超えると、スベスベとした潤う肌に。

何を塗っても肌あれが治らない人やアレルギーの傾向がある人、汗をかきにくい人は、低下した肌のチカラが復活する手応えを特に実感しやすいと言います。

4.塩のチカラを手軽に楽しめるバスソルト。ハーブとの相乗効果でスッキリボディへ

塩には、体を温めて発汗を促す効果があります。

ゆっくりとお風呂を楽しむときは、バスルームにお水を持ち込んでこまめな水分補給を。

足を浴槽から出すと、のぼせ予防です。

◯クナイプ バスソルト ハッピーフォーミー ロータス&ジャスミンの香り
600g 1,600塩

5.かかとやひざのザラつきには塩スクラブ。肌当たりがマイルドな保湿タイプを選ぼう

最近の塩スクラブは進化していて、塩を保湿成分で包み込むことで、柔らかな肌当たりと保湿効果を兼ね備えたものが多く出ています。

まずはかかとなど固い部分をマッサージして、肌になじんできたらほかの部分にも広げましょう。

◯コーセープレディア ソルト ボディスクラブ
150g 3,500円

6.美肌ミネラル豊富な死海の塩。オイルスクラブなら入浴剤も兼ねます

通常の塩と比べて、マグネシウムなどの美肌ミネラルの配合が多く、ピリピリしにくいといわれる死海の塩。

肌をマッサージした後、そのままお風呂に入ると保湿バスソルトへと変わる、オイルスクラブタイプが人気です。

ツルツルの柔肌へ

◯SABON ボディスクラブ デリケート ジャスミン
600g 5,093円

砂糖保湿!砂糖で潤う美肌へ

1.赤ちゃんの肌荒れケアにも活躍!「オイル包みシュガー」で洗顔パック

砂糖を水で溶かしてペースト状にして肌にのせれば、保湿パックにもなります。

角質の気になる部分をマッサージしつつ、潤いの集中補給ができます。

◯みんなの肌潤糖
北の達人コーポレーション

ひと粒ずつをオイルコーティングした、肌に優しいシュガースクラブ。

<使い方>

顔や手を濡らしてからスクラブをとり、よく混ぜてペースト状に。

小鼻周りなど汚れの気になる部分をマッサージしてから顔全体に。

数分おいてから洗い流します。


2.肌でジュワッと溶けるマイルドさが人気
シュガースクラブで全身ツルツルに磨く

ぬれた肌の上でマッサージsるうと、ジュワッと溶けるシュガースクラブ。

肌当たりが優しいので、腕や脚など全身の広い部分に使えます。

柔らかい艶肌に

肌当たりがマイルドだから全身に使える!

1.ほんの少量ずつ手に取ります

1度に手に取る量は小さじ1杯弱でOK。

少しずつ足していきます。

2.らせんを描くようになで洗い

優しく円を描くように。

必ず、ぬれた肌に使用するのがポイント。

爪先までツヤツヤに磨こう

脚も、指の間や爪のキワまで痛くなくマッサージすることができます。


◯コーセー コスメポート ローズオブヘブン ボディスクラブ
230g 900円

シュガーに砕いたクルミの殻を加えたスクラブ

3.甘いスクラブで唇のシワシワも優しくオフ

唇は、顔の中で最も角層の薄い部分。

強い刺激は禁物ですが、ぬれると溶けるシュガースクラブなら、優しく角質ケアができます。

自然素材のものならそのままなめてしまえるので、外出先でもケアできます。

◯スパークリング ビューティー サラ ハップリップスクラブ ブラウンシュガー
30g 3,600円

1粒砂糖を球状に加工したスクラブ

シュガースクラブを自作する方法

キッチンで余った砂糖をスキンケアオイルと混ぜれば、即席のシュガースクラブに。

◯配合割合
オイル:シュガー=1:1

それぞれ同量ずつを目安に混ぜます。

さらに小麦粉を加えれば、とろっとしたパックになります。

顔に使う場合は、製菓用の粉糖など、粒子の細かいものを選びましょう。


4.ピーリング剤も、サトウキビエキス配合で肌に優しい処方に

ピーリングコスメの多くには、サトウキビエキスなど棟由来の成分が配合されています。

砂糖の保湿効果で角質を柔らかく整えることで、肌に刺激を与えずにピーリング効果を高めることができます。

◯ラボラボ スーパー毛穴ピーリングゲル
ドクターシーラボ

24種のAHAを配合。

5.ミネラルたっぷり。保湿力の高い黒砂糖コスメに注目

黒砂糖は、砂糖の中で最も精製度が低く、ミネラル分を豊富に含んでいます。

水に溶かすとトロリとするので、コスメの原料として使えば、とろみ感のある、肌を包み込むようなしっとりした感触が得られます。

◯長寿の里 然 よか石鹸

火山灰を主体とした洗顔ペースト。
黒砂糖やローヤルゼリーなどを配合。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする