ダイエットにカテキン緑茶!?高濃度茶カテキン3つの効果とコンビニで買える

脂肪が気になる

30歳すぎると

痩せにくい
代謝が落ちた

と感じていませんか???

話題の脂肪燃焼のカギ「褐色脂肪」って何?

脂肪に色がある?

って思うかもしれませんが、微妙に正解で微妙に間違です。

体脂肪を蓄える「燃料タンク」が白色脂肪
褐色脂肪は、脂肪を燃やす「ヒーター」の役割

実は、褐色脂肪が多い人ほど、痩せやすい!

と言われています。

褐色脂肪が多くある場所は、

◯首周辺
◯鎖骨周辺
◯脊髄周辺

この3箇所です。

アラサーだともう少なくなっている・・・

どうやったら増やせるの?

って気になりませんか!

一番効果的なのは、

寒冷刺激

です。

水泳ですね。

でも、続かなければ効果は期待できません。

でも、正直、水泳って・・・

無理ですよね。

他にありませんか?

褐色脂肪を刺激する食品

これですね。

褐色脂肪を刺激する食品で多いのは、

・マスタード(イソチオシアネート)
・にんにく(アリシン)
・唐辛子(カプサイシン)

です。

でも、この3つも取りづらいですよね。

緑茶

一番のオススメは、

緑茶に含まれる茶カテキン

です。

1回飲むと、

おにぎり2/3個程度のエネルギー消費に相当

します。

毎日続けていると、褐色脂肪そのものが増えて、消費効率がUPします。

体脂肪を減らす効果もありますよ。

毎日無理なく続けれる!

これが一番で、ペットボトルのお茶を飲むなら、

「茶カテキン」入り

を選びましょう。

体脂肪を燃やす褐色脂肪は、ダイエットの味方!?

ダイエット

  • 食欲の秋に食べすぎ・・・
  • 夏場は体力つけないと・・・
  • 正月太りで・・・

もう正直、年中ダイエットしないといけないですよね。

この余分な脂肪をどうにかしたい

と焦っているあなた!

実は、体内には、「やせる引き金」となる脂肪があります。

その正体は、ここ数年、医療分野で注目されている

「褐色脂肪」

です。

真逆なのが、「白色脂肪」でこっちは、体脂肪です。
色も性質も異なります。

褐色脂肪とは

主に体の背面に分布し、体脂肪を燃やして、エネルギーとして消費させる働きがあります。


つまり、褐色脂肪が多い人ほど、痩せやすい、ということです。

でも、褐色脂肪は、残念ですが、年齢とともに減少します。

褐色脂肪を増やす方法は、高濃度茶カテキン

水泳

褐色脂肪を増やす方法は、一般的には、水泳=(寒冷刺激)、です。

でも、水泳、続けれないですよね。

そもそも褐色脂肪を増やす理由は、

寒い環境でも体温が下がらないように熱を作る、体のメカニズムです。

皮膚が寒さを感知すれば、褐色脂肪は自然と活性化されます。

ただし、日常的に寒冷刺激を続けるのは、かなり難しいです。

なので、食品による体の中からの活性化です。

高濃度の茶カテキンを毎日続けて飲むと、褐色脂肪が増えて、それにつれてエネルギー消費も増えます。

そうなると、体脂肪も無理なく減らせます。

緑茶による茶カテキンの活性効果は実験でも立証されています。

なので、一番簡単なのは、高濃度茶カテキンが入ったお茶を飲むことです。

コンビニでも買えますよ。

代謝が落ちてきた体に「高濃度茶カテキン」3つの働き

代謝が起きてきた体には、高濃度茶カテキンを注入!

ダイエットの最大の難関は、

代謝の低下

です。

運動でダイエットするとき、一度代謝をアップするための期間が必要です。

なので、すぐに効果が出ないんです。

だから、3日坊主で終わる・・・

ということが増えます。

これは、年齢とともに、体h差が低下、脂肪を燃焼してエネルギーに変える力が弱まるからです。

食事や運動で効果が出にくくなる年なので、代謝UPには、一工夫が必要です。

<代謝が低いと、脂肪の燃焼力は、とろ火に!>

代謝が低いと、食事でとった脂肪を肝臓や筋肉で燃焼する力も弱く、燃焼されずに余った脂肪は対し簿言うとして蓄積します。

溜まった体脂肪もなかなか分解・燃焼されず、脂肪倉庫はギューギュー詰めに・・・


それが、エネルギー代謝を助ける

「褐色脂肪」

です。

中でも褐色脂肪を、活性化する

高濃度茶カテキン

の働きが大事です。

高濃度茶カテキン

は、TV・雑誌で見た、聞いた、という人も多いはず。

高濃度茶カテキンのうれしい働きを3ポイントにわかって解説します。

1
食事でとった脂肪を燃やしやすくする

食べ物に含まれる脂肪の代謝は、主に肝臓や筋肉で行われます。

そこで脂肪を燃やす働きを司るのが、「β酸化関連酵素」と呼ばれる、脂肪の燃焼に関与する酵素です。

ただし、食事でとった脂肪の量が多くて燃焼が追いつかないと、余った脂肪や脂肪酸は、血管をめぐり、体脂肪となって蓄積します。

茶カテキンには、そのβ酸化関連酵素の働きを活性化させて、脂肪の燃焼を助ける力があります。

脂肪代謝量アップ

「画像引用-花王のヘルシア緑茶」

<茶カテキンがβ酸化関連酵素の働きを助ける>
茶カテキンは、肝臓や筋肉で脂肪を燃やす「β酸化関連酵素」の働きを活性化してエネルギー消費を促し、体脂肪の蓄積を抑制します。

また、たまっていた体脂肪を改めて分解・燃焼させる働きもUPして、体重を低減させます。

<1日1本を続けたら、脂肪燃焼量が1.4倍に!>

茶カテキン540mg含有の飲料を1日1本、8週間連続で飲んだら、非含有の飲料を飲んだグループに比べて1.3倍もの脂肪燃焼効果が認められました。


2
体脂肪の分解をサポートする

食事でとったエネルギーの消費が不十分だと、余ったエネルギーが他脂肪として蓄積されます。

実は、ここ最近の研究によると、茶カテキンには、体脂肪を分解する「脂肪分解酵素」を活性化して、脂肪の分解を助ける働きがあることもわかっています。

つまり、高濃度茶カテキンは、溜まった脂肪の分解を促進するとともに、その後に続く燃焼も高めてくれる2つの働きがあります。


お腹の脂肪低減
「画像引用-花王ヘルシア緑茶-」

<茶カテキンが脂肪分解酵素の仕事を応援>
体にたまった体脂肪を減らすには、まず脂肪を分解してもやしやすくする必要があります。

そのときに働くのが、「脂肪分解酵素」です。

茶カテキンはその脂肪分解酵素の働きも活性化することがわかってきました。

<お腹の脂肪がダウン!>

高濃度茶カテキン飲料を1人1本継続して飲むと、腹部の全脂肪面積が軽減

高濃度茶カテキン含有飲料を1日1本×12週間飲んだグループはおなかの脂肪が低減。
非含有飲料のグループには奥化が見られませんでした。


3
褐色脂肪を活性化する

首や肩の周囲にある褐色脂肪は、エネルギーを熱に変えるヒーターのような役割を持っています。

その量には、もちろん個人差がありますが、多い肥土エネルギー消費が大きいです。

また、同じ人でも環境によってその働きは違います。

常に活性を高めておくには、茶カテキンを毎日続けてとるのがオススメです。


<茶カテキンで熱産出がアップ!>
茶カテキンは、褐色脂肪の熱産出を促進。
毎日540mgとり続けると、褐色脂肪が活性化して、効果的に脂肪を燃焼できます。

1日1本、高濃度茶カテキンが入ったオススメ緑茶はコレ!

飲みやすさと豊富なバリエーションでリピ率上昇中!!

つい食べすぎて体に脂肪を溜めすぎて・・・

脂肪を消費しやすくしてくれる「ヘルシア」が一番のオススメです。

1日1本を毎日続けるリピーターが急増しています。

<人気の秘密>

1本に540mg配合された高濃度茶カテキン


生活習慣病のリスクを低減し、健康に役立つ食品、エネルギーとsちえ脂肪を消費しやすくする「トクホ(特定保健用食品)」です。

また、緑茶、ブレンド茶、スポーツドリンク、炭酸飲料と、シーンや風味で選べる豊富なバリエーションも豊富です。

毎日続けるのは大変そう

といった心配も、

美味しくなければ続かない

といった声もあって、ラインナップも増えています。

オフィスで緑茶でシャキッと気分リフレッシュ!

◯ヘルシア緑茶

ヘルシア緑茶通販

しっかりとした旨味と深みを楽しめる

過程で淹れた濃いお茶に近く、目が覚めるようなしっかりした味わい。

茶葉の旨味、苦味が絶妙なバランスで生かされています。
Amazonで見る
楽天市場で見る
ランチタイムに五穀ブレンドでほっとひと息!
◯ヘルシア 五穀めぐみ茶

ヘルシア 五穀めぐみ茶

香ばしくてナチュラル。後味さっぱり!

発芽玄米、大麦、とうもろこし、はと麦、大豆の五穀をブレンド。
ランチのお供んもピッタリのナチュラルな味わい。
Amazonで見る
楽天市場で見る
あなたのライフスタイルにぴったりな1本を!

◯ヘルシア スパーリングレモン

ヘルシア スパークリング 白ぶどう

甘酸っぱくてクセになる定番のおいしさ

ビタミンC、クエン酸配合のレモン味炭酸飲料。

甘さ控えめで、後味もスッキリ。
Amazonで見る
楽天市場で見る
◯ヘルシア ウォーター

ヘルシア ウォーター

ゴクゴク飲めて、のどごし爽やか
スポーツシーンに!

のどの渇きを感じるシーンで速やかに水分補給できるスポーツドリンク。
Amazonで見る
楽天市場で見る

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする