40代のエイジングケアは、危機、自覚、対策!化粧品選びラインとマスト使い

肌も心もケアを変えれるべき!

その分岐点にいるのが、40代です。

まずは、

「危機」を受け止め、

「自覚」し、

ツボを押さえた「対策」をする

これさえ心得ておけば、乗り切れる!

50代が抱える!今そこにある3つの危機とは

危機

加齢による肌機能の低下が避けられない!


これは、事実で、目を背けてはいけません。

その下降線が顕著になるのは、30代後半から40代にかけて。

表皮では、ターンオーバーが乱れはじめ、潤いを作り出す、溜め込む働きがダウン。。。

メラニンの停滞によってシミが表面化したり、肌もくすみやすくなります。

真皮ではコラーゲンの構造が緩んでシワやたるみを呼ぶことに。

紫外線ダメージの影響はあなり大きいです。
若いころは、UVエアをあまりしていなかった人は、ダメージが蓄積してエイジングのリスクが高まるので、注意しなければなりません。

加齢や紫外線によりたんぱく質の糖化が起こり、ハリのなさや黄ぐすみの原因に。

環境の変化、精神的なストレスの影響を受けやすくなるのもこの年代の特徴です。

肌の衰えに加え、環境やストレス、UVケアの付けが追い打ちをかけるとなれば、「エイジング加速」という爆弾を抱えるようなものです。

実際どんなピンチがやってくるのは、知っておくべきです。

ピンチ1:30代は、内周、40代は、外周

電車の窓に映った自分の顔を見て驚愕・・・

40代が「年齢」を突きつけられるエピソードの代表例です。

その始まりは、「頬」です。

頬は、真皮コラーゲンの影響を大きく受ける部位で、ハリのなさやシワっぽさ、エイジング毛穴、ほうれい線などの変化が現れてきます。

30代では顔の内側を中心とした部位に発生し、40代に入ると顔の外周へと広がりエイジングが進行します。

フェイスラインのたるみが気になってきます。

顔型によっても違い、顔が広く平面的な人は緩んだお肉が外へと逃げてもったりと。。。

顎が小さめの人は、頬の下側に溜まってほうれい線が目立ってきます。

食生活の変化で噛むことが減り、顎がすっとしている人が多いです。

若いころからほうれい線を気にする人が増えたのはこんな要因があるからかも。

ポーラでは頬をV字に引き上げる「張力コラーゲン」に着目していますが、肌密度を高めてリフトアップするケアが必要です。

ピンチ2:見た目と中身は一致しない

見た目の肌が厳しくなったら内部はすでにボロボロ?

答えは、

「いいえ」

です。

要するに、見た目と肌内部の状態は一致しないということでs.

表皮のダメージと真皮のダメージは別と考えるべきです。

私達が目で見ている肌は表皮の最表層にある角層で、保湿を徹底することでリカバリーが可能です。

一方、真皮は紫外線ダメージの影響を受けやすう、UVケアの履歴によってエイジングの進行が違います。

表皮に比べ生まれ変わるサイクルが遅く、加齢とともにさらに遅くなってダメージが蓄積していきます。

20代は、びしっと組まれた繊維ですが、40代になるとスカスカに・・・

見た目がダメだからと諦める必要はありません。

逆もしかりで、見た目がキレイだから、安心、というわけにはいかない、という事です。

肌の奥では、じわじわと「劣化」が始まっていること、肝に銘じましょう!

ピンチ3:3大肌危機とは「くすみ」「しわ」「たるみ毛穴」

40代の肌悩みは紫外線などの外的要因や体調、ホルモンバランスの変化、心の状態などが複雑に絡んで起こるから厄介です。

放っておけば間違いなく悪化の道を辿ります。

気づいたときには遅かった、にならないようサインを見逃さないことです。

まず、注意する点は、シミやくすみといった肌色の変化!

キメが粗くなって毛穴が目立ち、ほうれい線やシワが気になってきたら要注意。

サインの証拠です。

それと意外と多いのが、大人ニキビです。

結構、悩んでいる人が多いです。

子育てや仕事などいろいろなストレスを抱える年代なのでこれもサインです。

パーツとして見るなら、シワがわかりやすい、というのがポーラの見解です。

ピンチ1で挙げた「顔の内周から外周への変化」と関係してきますが、顔型によってシワができやすい部分が違います。

この先あなたの顔に刻まれていくシワはどこかのか、先手を打つことも大切です。

<悲観しなくてもいい!でも鈍感にはならないで!>

肝は心の鏡。

その心が揺れ動いてくるのが、40代です。

家事や子育て、仕事などで忙しく自分に構えなくなって落ち込んでいく。

結果的にそれが肌に現れるわけです。

でも、50代以降にやってくる大波を考えたらさざ波くらいです。

諦めるのは、まだ早いでしょ!

気持ちを切り替えて、ケアに望んでほしいです。

40代乗り切るために必要な事、それは「肌の自覚」

40代の肌を自覚する

焦る必要もないけれど、それほど呑気にしてもいられない。


それが、40代のケアです。

有効な対策をうつには、自分の肌を知り、自覚することが第一です。

とはいえ、自分のこととなるとお店が甘くなってしまいがち。

深刻に悩んでいる人は厳しい鏡しか持たず、魅力的なところを見落としてしまいます。

自分の肌を見極めるのって年齢を重ねるほど難しいものです。

そこで、一度チェックしてみて下さい。

自分の肌状況を理解し、迷ったときは信頼している友人や家族も頼りになる存在です。

自分のことを理解してくれている人たちですからね。

辛口アドバイスがくるかもしれませんが、それも素直に受け止めましょう。

さらなる奥の手として、化粧品カウンターで肌診断を受ける方法もあります。

とにかく自分の肌を客観的に見つめ、自覚する。

危機を乗り越える近道は、そこにあります!!

<肌の自覚チェックリスト>
□ 10〜20代は日焼けして黒かった
□ 大笑いした後のシワが気になる
□ フェイスラインがもったりしてきた
□ ほうれい線が目立ってきた
□ 忙しくて食事が不規則
□ 甘いものが好き、よく食べる
□ 仕事で気がかりなことがある
□ 最近、よく眠れないことが多い
□ 最近かなり怒りっぽい
□ スキンケアは化粧水がメイン
□ 口角の位置が下がってきた・・・
□ 自分の横顔を見てドキッとしたことがある

該当する項目が多いほど、エイジングが進行し、新たな問題が発覚する場合が・・・

しっかり「自覚」して対策に取り組もう。

選ばれし対策法とは

肌悩みは増えるけど、手をかければ応えてくれる。

お手入れのしがいがあるのが40代の肌。

だからこそ数をこなすよりも内容で勝負して欲しい。

自分の肌を見極め、必要なスキンケアアイテムを選び、じっくり腰をすえて取り組む。

実は、これが「結果」への近道です。

まず欠かせないのが保湿!

年齢的にそれだけでは間に合わなくなっているので、再生・修復のアイテムも組み込みましょう。

紫外線ダメージを蓄積させないためにUVケアとセットで使う。

加齢とともに肌のハリ・弾力が落ちてくるので、内部に働きかけるエイジングケアも忘れずに。

大人の肌なのでやっぱり「いいもの」を使って欲しいですね。

テクスチャーや香りを味わい、手応えを感じ取る。
気持ちよく続けるには、肌感性を磨くことも大事です。

◯コスメの力は相当よ!頼らないと損

◯絶対に「日焼けしない」「底上げ保湿」を徹底

◯ボリューム・ツヤ・キメが肝心。基礎アイテムから見直すべき

◯イケてる肌にどう近づけるか!メンテアイテムも必要な世代

スキンケアを勘違いしている!?肌を美しくするものではない!

では、何を?

と思うあなた。

スキンケアは、心を豊かにするもの

です。

だからお金をかけてでも実感のあるものをたっぷり使う。

できるだけ長い期間使う。

40代の肌は、血流や代謝、ホルモンバランスなどの働きが乱れてきているので、たとえば1,000円台の化粧品でなんとかしよう、というのは辞めましょう。

もうそういう肌ではない!

ということを自覚しましょう。

美を追求する人たちの「格言」対策」に耳を傾ける

諦めたらそこで終わり。
美しくなるのに手遅れはない!


奇をてらわず、基本のケアをコツコツまじめに。
クレンジング、保湿、日焼け止めだけは最低限。
それができていないのに、エイジングケアの一発逆転はありえない。
1日必要な分を必要なタイミングで与えたり、取り去ったりすることが結局は一番のエイジングケアかと。


キレイに終わりはない!
その年代ごとのキレイがあると思っているあら。


「お手入れ美人が、何よりも勝る」
35歳過ぎたら、素から美人より「お手入れ美人」が勝ることを実感しています。
時間とお金をかけたスペシャルケアではなく、日々の当たり前のケアを丁寧にしている人が、美しいオーラを放つことができるのでは。


顔は早めに痩せておかないと、歳を取るとより早くブルドッグ顔、マリオネット顔になります!


ふけるのは、正直こわい。
でも、もっと怖いのは、歳を重ねるこの美しさを失うこと。
若さに逆戻りすることを求めるのではなく、きちんと歳を重ねた美しい顔てゃなにか?
ということを、40代に突入した今、考え始めています。

おだてりゃ肌はぜんぜん育つ!ライン使いオススメ5選

ライン使い、いまだからこそ!
でも、フルライン揃える必要はない!


フルライン揃えるのは、高いですからね。
それよりも継続できるか。
それで買う買わないを決める。

1本でも十分です。

エイジングサインが複合的に現れてくる40代。

何か手を打たないと・・・

気持ちは焦ってもその何か、、、がわからず、立て直すチャンスを逃してしまうことも多いです。

そんな人にこそ一度試して欲しいのがライン使いです。

「目的」を達成するために共通のキー成分を配合し、製品によってはプラスαの働きも。

それぞれにテクスチャーが計算され、一品一品重ねていくことで相乗効果を生み出し、実感の手応えを叶える。

化粧品選びに迷うこともないし、日々ケアを積み重ねることで自分の肌はどれだけ立ち直るのか、知ることもできます。

化粧品の手助けが欠かせなくなる40代にとってラインで攻め込む成果は実に大きいです。

とはいえ、フルライン揃える必要はありません。

まずは肌の受け入れ体制を整えるクレンジングと洗顔、化粧水。

きちんと習慣にしたいアイケア、仕上げのクリームの5品が理想です。

余裕があれば、美容液も。

単品を組み込むのも手ではあります。

継続が大事だから予算にあったチョイスも重要です。

最低1本、肌の生まれ変わりを考えたら3ヶ月は続けて「変化」を見極める。

本当に必要なケアを手に入れるのに必要なもうひとつは、

「意識改革」

です。

1.ポーラB.A

ポーラBAシリーズ

肌の力を最大限に引き出す独自の「バイオアクティブ理論」と抗糖化ケアでぷりぷりの透明肌を死守。

洗顔料は洗うだけでブースター効果が狙えます。

ポーラ B.A ザ クレンジングクリーム
ザ ウォッシュ
ザ ローション
ザ アイクリーム
ザ クリーム

※アイクリーム以外は、すべて医薬部外品です。

2.コスメデコルテ

コスメデコルテシリーズ

先進の皮膚科学技術「創傷治癒」のアプローチと白檀の香気成分による「癒やし」を融合。

肌の奥まで潤いとエネルギーを巡らせ、みなぎる弾力肌へ

コスメデコルテAQ MW クレンジングミルク
フェイシャルバー
リペア ローション
ブライト アイセラム
リペア クリーム

3.クレ・ド・ポー ボーテ

資生堂のこだわり有用成分とテクノロジーを結集し、細胞そのものを輝かせて肌のクオリティをアップ。

見た目も若々しく!

クレ・ド・ポー ボーテ クレームデマキアントn
ムースネ トワイアントT
ローションT(医薬部外品)
セラムコレクチュールリッズ(医薬部外品)
ラ・クレーム(医薬部外品)

4.シャネル

シャネルサブリマージュ ラ クリームN

マダガスカルのヴァニラの花びらから抽出した独自の多機能エイジングケア成分を配合。

肌の再生能力を高めて潤い・輝き・明るさ・肌密度を一気に底上げ。

シャネル サブリマージュ デマキヤン コンフォート
エサシエル ナノローション
ラ・クレームユー
ラ・クレーム

5.オルビスユー

オルビスユートライアル

どんな肌質にも安心して使えるこだわりのオイルカット処方。

それをサポートするHSP(ヒートショックプロテイン)に着目し、肌本来のポテンシャルを引き出す最新シリーズです。

オルビスユー ブライトニングジュレウォッシュ
ウォームアップセラム
モイストアップローション
ナイトメモリーモイスチャー

絶対に使って欲しい!!2アイテム

攻めと守り

40代、守ってばかりではダメ!!

攻めのケアが必要不可欠です。

まず、「守り」の要となるのがUVケアです。

若い頃から紫外線への危機意識が高く、「UVカットの基本のキ」という人も多いですが、今や日焼け止めレベルでは、力不足。。。

空気中に漂う酸化物質や金属微粒子、排気ガスなどに常にさらされ肌は揺れ動いています。

肌の奥深く(真皮)にダメージを与えるという波長の長いUVAや近赤外線の影響も気になります。

こうした外的ストレスから肌を守り抜く高機能プロテクターこそ絶対使いたいアイテム1

帰宅するまで服に装着しているのだからスキンケア効果にもこだわって選びたいですね。

そして、「攻め」の一品となるのが肌力底上げブースター。

洗顔後すぐに組み込むことで次に使う製品の浸透を高めるだけでなく、肌力そのものを引き上げるのが狙いです。

ポジション的にはブースターだけど、その働きはますます多様化し、40代には大いに味方となる存在です。

肌力を軌道させるスターターとしてはもちろん、マッサージやパックの前に組み込むのも効果的です。

どちらのアイテムもきちんと仕事をさせるために顔全体(髪の生え際から首、デコルテまで)に丁寧になじませ「塗りの穴」を作らせないことが鉄板です。

1.何はなくとも高機能UVケア

・ポーラ B.AザプロテクターS
SPF50 PA++++

真皮の奥深くにダメージを与える「近赤外線」までしっかりカット。

しっとりクリームの後肌

・ジバンシィ DW10 UVシールド(医薬部外品)

UVカット+美白+抗酸化&ラベンダーカラーの肌色補正で、外と内から白さと透明感を守る

・アスタリフト UV プロテクター
SPF35 PA+++

カプセル化した紫外線吸収剤を保湿成分で包み、光学パウダーが肌を明るく生き生きと。

・ランコム UV エクスペールXL
SPF50 PA++++

エイジングを加速させる波長の長いロングUVA、大気汚染から徹底的にブロック。
ケア効果もばっちり!

・SK-Ⅱ
SPF30 PA+++

紫外線による乾燥、シミ・くすみ、黄ばみを断ち1日中オーラ肌。

この中から1品。

2.肌力底上げブースターで蘇る!

・クレ・ド・ポーボーテル セラム(医薬部外品)
みずみずしい使用感で、しっとり柔肌に。

表面と根本から肌機能を目覚めさせ、美肌力を最大レベルに引き上げ!

・アルビオン エクラフチュール

医療分野で使わえる先進のデリバリーシステム×美容成分でダメージを受けた細胞を日々修復。
クリアな肌色とむちむちのハリを!

・ディオール カプチュール トータルワン エッセンシャル
有害なたんぱく質の浄化を促し、肌力をブースト。

エイジングケアの土台を作る。

軽やかな使用感も評判

・ランコム ジェニフィック アドバンス

遺伝子研究から生まれた若肌ブースター。

みずみずしい感触で、ふっくらなめらか。

見た目も明るい輝く肌へとリセット。

そして、この中からもう1品。

カスタマイズするならこの3分野から1本選ぶ

まず加えたのは、美容液

悩みが複数ある人は、一番気になる肌悩みに合わせる

一発逆転的な、お助けコスメを使うともう戻れない


正直、お金もかかるし、それほど大掛かりに変えなくても・・・

という人は、今の基礎ケアに必要なものをプラスし、カスタマイズする方法があります。

ブランドや価格の枠を超えてアイテムを組み立て自分流に使いこなすのはケアとしてもおもしろみがあるし、意外と続きます。

そこで、40代のカスタマイズケアを総点検!!

どんなケアを強化し、何が必要か!?

整理しましょう。

ケア全体のレベルアップを図る上で、加えたいのが、美容液です。

まず一品なら肌悩みにあった専門家を。

悩みが複数ある人は一番気になる肌悩みに対応するものを選びましょう。

そして、忙しいときの救いの神となるのが乳液です。

水分・油分をバランスよく含む乳液は肌なじみよく、しっとり柔らかく整えて効かせる肌作りに有効です。

エイジングケア効果やテクスチャーにこだわって使いやすいものを1本組み込みましょう。

それでも、不調が出て来るのが、40代。

血流や代謝機能の低下など何かと溜め込むクセがつき、慢性的な乾きやくすみ、ハリ不足につながるのでお助けコスメも備えておきたいです。

塗りっぱなしでOKの角質や簡単マッサージ、寝ている間に疲れを帳消しにする睡眠ケア、いざというときの一発逆転マスク・・・

大人の肌にとって「飛び道具」は大きな味方です。

大事に仕舞いこまないで気軽に摂り入れないともったいないです。

1.根本悩みには、やっぱりセラムしかない

・クリニーク リペアウェア レーザーフォーカスSRC

クリニーク リペアウェアレーザーフォーカスSRC

キメを改善して内側から弾力を高め、紫外線によるダメージ(光老化)をDNAレベルから立て直す。
レーザー施術にヒントを得て開発されたシワ対策美容液。

みずみずしい使用感で目のまわりにも使える

・ディオールカプチュールリフトセラム

ディオールカプチュールリフトセラム
スリミング・シェイピング・リフティング、3つのVビューティ効果ですっきり引き締まった顔立ちに。

なめらかなテクスチャーでするするとなじみ、高配合した「Bi-スキン」によるストレッチ膜は、「痩せた?」と祝えるほどの威力!

むくみにもおすすめです。

2.万能乳液を1本備えておくという基本

・オーキデ アンペリアル ザ フルイド

オーキデ アンペリアル ザ フルイド

エイジングケアとしても万能が狙える大人肌の味方。
軽やかな感触でもっちり柔肌はクリームの満足感。

・シスレー エコロジカル コムパウンド

シスレー エコロジカル コムパウンド

厳選された植物の力で肌本来の機能を呼び戻す。
フランスでは、「ホームドクター」の異名を持つ美容乳液。

・THREE コンセントレート エマルジョン

THREE コンセントレート エマルジョン

精油や植物エキス、ボタニカルウォーターを贅沢に配合。
みずみずしくなじんでふっくらうる肌が持続。

3.お助けマンなしには、もう生きていけない

・タカミ スピンキール

タカミスピンキール

角質層のすみずみまで浸透して肌の生まれ変わりをスムーズに。

美容皮膚科医が開発した、剥がさない・洗い流さない角質ケア

・オバジC20 セラム

オバジC

美容液の限界に挑んだ高濃度ビタミンC+Eのパワフルな抗酸化力でキメの乱れ、ザラつき、毛穴、くすみを一層

 

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする