朝一杯「生ジュース」で体質改善!通販、ジューサー、レシピおすすめガイド

生ジュース作り方レシピ

いつまでも健康でいるためには、体の中からケアすることが大切です。

体質に合った

「ポジティブ食材」

で作った朝の一杯

「生ジュース」で、ビューティー&ヘルシーな毎日を!

ポジティブ食材は、あなたの体質にプラスになる食材の事です!

食材はコレ!!体質改善する「生ジュース」とは!

1.中医学がベースになった体質別のオーダーメイドドリンク

自然の食物が持つ「薬効成分」に着目。

中医学の考え方を参考に、体質を8つに分類し、それぞれの体や症状にあった食物を選びドリンクを作ります。

2.「体質を変える」ことが一番の目的!

悩みや不調を改善させるには、根本から正すことが一番です。

これは、中医学の考え方ですが、体質に合う、プラスになる食材を積極的に摂ることで効率よく体質改善ができます。

3.毎朝300ml、いつもの朝食にプラスする

よく勘違いするのが、置き換えダイエット的なドリンクではありません。

朝食もしっかり食べる。

体がきちんと機能して体質改善を図るためには、必要な栄養素を、体が吸収しやすい時間帯に摂取することが必須です。

朝に300mlを摂取すれば、1日のミネラル・ビタミン群は十分です。

4.低速ジューサーで作るのがオススメ!

ジューサーは、低速ジューサーを選びましょう。

野菜や果物の酵素は人間の体には必要不可欠です。

低速圧搾絞りだと、摩擦熱の発生をおさえるので熱に弱い栄養素や酵素を破壊せずに栄養たっぷりのジュースを作る事ができます。

レシピはもちろん低速でなくても、作れますよ。

早くて3日、遅くても3週間!!体質改善する「生ジュース」生活とは!?

忙しい現代人が野菜や果物をおしいく、無理なく摂取できるのが、朝の生ジュースです。

体質別に食材を選んだり、肌の悩み別に選んだりして、体の不調の改善を目指しましょう。

40代になってくると、いつまでも「美しく、健康でいたい」と思うものです。

そんな気持ちとは裏腹に現代人のほとんどが、「未病」の状態です。

未病とは

病気には至らないものの病気に1歩ずつ向かっている状態


本来の健康状態に戻すには、食事の改善が重要です。

中国では、古来より「医食同源」という言葉があるように、薬も食べ物も同じ作用を持ち、体の不調を治すと言われています。

しかし、全ての食材がすべての人に合うとは限りません。

中医学の考え方では、自分の体質に合ったものを選ぶ必要があります。

中医学とはそもそも何?

一つの症状をとっても体質や全身の栄養状態で治療が異なります。

同じ生理痛という症状でも、体内の気や水の停滞などによる冷えから来るものか、瘀血(古い血がたまった状態)なのかによって治療方法が異なります。


これは、食事面でも同じです。

まずは、自分の体質を知り、体質に適した食材を摂取することが、体質改善の一番の近道です。

ふだん摂りにくいビタミンやミネラルが豊富な野菜や果物は、ジュースにすることで胃に負担をかけずに素早く栄養を摂取できます。

材料を自分の体質にあったポジティブ食材に変えれば、健康維持や美肌にもっと期待がもてるはずです。

生ジュースでよくあるQ&A

体質によって食材は違うもの選んだ方が良い?

食材には体に作用する薬効成分があります。

食材には、薬効成分があります。

例えばトマトは栄養豊富ですが、体を冷やす作用もあるので、血の流れが滞った瘀血タイプにはオススメできません。

逆に体質に適した食材を摂取すれば体質改善がスムーズにいきます。


自分の体質以外のレシピは、ダメですか?

体にとってよくないワケではないけど、実感は少ない

ポジティブ食材があるならば、当然、体質にネガティブな食材もあります。

でも、決して体に害を与えるというわけではなく、今の体質や不調を改善するために、体内で生かされにくいという意味です。


そもそも「ポジティブ」ってどういう意味ですか?

あなたにとって「プラスになる」という食材です。

中医学独自の考えから分かれた8つの体質。

そのそれぞれの体質に合った食材のことです。

その食材を積極的に摂ることで、効率よく不調や悩みの改善に実感をもたらします。

毎日しっかり摂取できていると、体が元気になって、気持ちが前向きに!


毎日同じ食材で良いですか?飽きてしまった時は?

もちろん、大丈夫です。<br /> 味に飽きてしまったら、アレンジ食材を使いましょう。

体質に合ったベストの食材ですので、毎日摂取しましょう。

ただし、味に飽きてしまった、苦手な食材が入っている場合は、「アレンジ食材」の中から食材を選んで飲みましょう。


夏は冷やして飲んでも大丈夫?

できるだけ常温です!<br /> 体を冷やしてしまうからです。

冷たいものを摂取すると、胃を冷やして消化吸収が低下します。

また冷飲食を続けると、脾・肺・腎にもダメージを与え、さまざまな不調の原因に。

暑い夏でも、できるだけ常温を心がけましょう。

切って、ジューサーにかけるだけ!5分でできる体質改善「生ジュース」レシピ

生ジュースレシピ

どんな体質でも効く!共通3食材を使う

・キャベツ
・にんじん
・りんご

全体質にオススメ!
毎日摂取したい、ゴールデントリオ

体質ごとにポジティブ食材は異なりますが、全体質に共通して、プラスに作用する食材は

キャベツ
にんじん
りんご

の3品です。

効能が穏やかで体質や体調にかかわらず、毎日摂取しても安心な「平性」に属します。

この3品は生ジュースの中で必ず入れる「メイン食材」です。

◯キャベツの効能・働き

炎症や体内にこもった熱による症状を緩和させる働きがあります。

むくみ予防、ホルモン調整にも力を発揮します。

◯にんじんの効能・働き

のぼせ、熱感、口が渇くといった症状にオススメです。

顔色が悪い、肌にツヤがない、目がかすむといいう症状にも

◯りんごの効能・働き

特に整腸作用に優れています。

寒気や慢性的な冷え性、咳・痰などの症状を緩和する働きも。

エクストラヴァージンオイルでさらに吸収力UP

小さじ1杯のオイルで必須ビタミンの吸収力がアップ

ビタミンには水溶性と脂溶性があり、油と一緒に摂取すると、脂溶性ビタミンA、D、Kの吸収率が格段にアップします。

油は太ると思われがちですが、栄養素を吸収する潤滑油です。

小さじ1杯ですので、混ぜてしまえば味もほとんど変わりません。

一度飲んでみて!

◯オススメのオリーブオイル

エキストラヴァージンオイル

オイルも火を通さずに使用するので、できるだけ有機畑で育ったオリーブを使用したオイルを選びましょう。

しそう油、亜麻仁油などでも代用できます。

Amazonで見る

オススメ生ジュースの作り方

生ジュース

どの食材でも基本の作り方は一緒です。

1
野菜・果物を準備する

まずは、食材の用意です。
できるだけ鮮度のいい食材を使いましょう。

そうすることで、体に作用する力も大きく変わります。

必要な食材を用意したら、果物や野菜を軽く水で洗いましょう。


・分量は計ってチェック

自分の体がどれだけの栄養素を必要としているかしっかり量をチェックしましょう。

・水を張ってつけ置き洗い

ボールに水を張り、5〜10分つけ置きを。

食材についた農薬や汚れをしっかり落とします。

2
切る

洗った野菜や果物はジューサーの投入口に入れるように小さくカットします。

基本的に皮は剥がさず(一部食材は除く)、種はジューサーの故障の原因にもなるので取り除きましょう。


・キャベツは芯も入れます

ジューサーの投入口に入る大きさにカットします。

キャベツの芯も使います。

・にんじんは皮つきのまま

よく洗ったにんじんは皮つきのまま使用します。

葉の部分はカットします。

・りんごは皮つき、種はとる

りんごは皮つきで使います。

種はジューサーの故障の原因になるんで、取り除きましょう。

3
ジューサーにかける

食材が新鮮なうちに素早くジューサーの投入口に入れていきます。

食材ごとに投入すると、圧搾時に繊維が溜まり、ジュースが出づらくなるので、ランダムに野菜を入れましょう。

ジューサーや食材によっては300ml以上のジュースができます。


4
ステップのみだし

エキストラバージンオイルを好みで入れて完成!”]
ジュースをグラスに移したら、エキストラヴァージンオイルを小さじ1杯入れましょう。
よくかき混ぜて出来上がりです。

放置すると酸化するので、できるだけ早めに飲みましょう。

オイルの臭いがちょっと気になる、という人は、オイルなしでもOKです。

生ジュースにオススメは、低速ジューサーの3つ理由

低速ジューサー

低速ジューサーがオススメの3つの理由

1.酵素が壊れない

一般的な高速ジューサーで起こる摩擦や衝撃がほとんどなく、野菜や果物の酵素はもちろん栄養破壊も少ないので、天然そのままの栄養を吸収できます。

2.味わいが深く、おいしい!

食材がゆっくりとすりつぶされるだけなので、サラサラジュースではなくスムージーのような感触が残るジュースに。

野菜や果物の味がしっかり残って、おいしいです

3.音や振動が少ない

電動モーターによる刃の回転で起こる音や振動がないので、マンションでも時間を選ばず使う事がでっきます。

朝早くから生ジュースを作ることも!

売り切れ続出!噂の低速ジューサーの魅力とは

素材の味をしっかり味わえて、素材の食感が残っています。

これが低速ジューサーの魅力です。


低速ジューサーは1分間に40〜160回程度のゆっっくり回転で食材を搾るため、摩擦や熱の衝撃が起こりません。

野菜や果物は、デリケートです。

人間に働く酵素のほとんどは約40〜47度で壊れる、と言われています。

なので、高速ジューサーを使った場合、酵素が壊れてしまいます。

100%壊れるとは言えませんが、それでも、低速ジューサーの方が偏食や酸化、栄養破壊は少ないです。

素材の味をしっかり味わえて、素材の食感が残っています。

これが低速ジューサーの魅力です。

【5選】生ジュースにオススメ低速ジューサーはコレ!ランキング

1位
ヒューロム スロージューサー
ヒューロム スロージューサー

デザイン性:星5個5
機能性:星5個5
片付けがラク:星4個4

食材の食感がしっかり残る!

世界初の技術・低速圧縮搾りを搭載した韓国初人気ジューサー。

スタッキングできます!

機能性に加えて、コンパクトなデザイン性もダントツの人気No.1です。


2位
イキイキ酵素くん DA-980
イキイキ酵素くん DA-980

デザイン性:星4個4
機能性:星5個5
片付けがラク:星4個4

投入筒が大きく、時間短縮

1分間に80回という低速なのに、投入筒が大きいから、ジュースが即完成します。

ジュースの排出口にフィルターを置きます。

ゆっくり回転なのにダイナミックに食材を搾汁する機能性は抜群です。

公式サイトでの販売は終了しています。
Amazonからの購入がオススメです。
(在庫あり)


3位
ベジフル ZJ-D1
ベジフル ZJ-D1

デザイン性:星3個3
機能性:星4個4
片付けがラク:星4個4

ジュース以外も料理でマルチに活躍!

毎分90回の低速回転で新鮮ジュースを作るほか、おろす・挽く・練る・混ぜるのマルチクッカー機能付き。

4種のノズルを変えれば、料理の下ごしらえもサポート。


4
グリーンパワージューサー
グリーンパワージューサー

デザイン性:星2個2
機能性:星5個5
片付けがラク:星3個3

圧搾率が通常より5〜10%UP

食材を無駄なく搾る新技術クリーンツインギア搭載で、通常の圧搾より、高い栄養値と同時に、深い味わいを実現

コップの底部などには遠赤外線を放射するセラミックス樹脂ネオジム磁石を内蔵。

公式サイトでの購入がわかりづらいので、Amazonがオススメです。


5
生搾り低速ジューサー AMX-100/W
生搾り低速ジューサー AMX-100/W

デザイン性:星2個2
機能性:星3個3
片付けがラク:”星2個2

怪我の心配もないから子供にも安心

カッターを使っていないので、洗いものをする時に怪我の心配が少ない安全設計。

不足品なしシンプル構造でリーズナブルです。

軽量でお手頃価格という点から、初心者の人におすすめです。

公式サイトには、掲載されておらず購入できないため、Amazonがオススメです。

低速ジューサー選びは、機能性+デザイン性で選ぶ

低速ジューサーの主流は、臼を手で押して回すように搾る石臼式です。

多いのは回転するギアがひとつのシングルタイプ

ピューロム
イキイキ酵素くん
ベジフル

と、2つの回転するギアで挟み込んで、すり抜けるツインギアタイプ

グリーンパワージューサーなど

の2種類あります。

いずれも低速回転のため摩擦熱による野菜の栄養素を損ねず、また、音も静かで、無駄なくしっかり搾れます。

あと大事なのは、デザイン性です。

キッチン電化製品は、いちいち片付けて使わなくなるので、「見られてもOK」のオシャレなものにどうしても目がいきますよね。

特にジューサーは存在感が大きいです。

そういった点で見ると、

ヒューロ スロージューサーや、イキイキ酵素はオシャレです。

「ヒューロ スロージューサー」は、コンパクトでスタイリッシュ、機能性とデザインの両方を兼ね備えて1番人気です。

デザインとあとは片付けの手軽さも重要です。

「生搾り低速ジューサーAMX-100/W」は、軽量でノズルもすぐに分解できるので、お手入れが簡単です。

「ベジフル ZJ-B1」も分解が簡単で、水でサラッと残りカスがアラえます。

「グリーンパワージューサー」は、6.2kgとちょっと重めですが、絞られたジュースが注がれる専用コップの底部に、遠赤外線を放射するセラミックス樹脂と420ガウスの強力な磁力線を放射するネオジム磁石が内蔵されています。

遠赤外線によって食材をよりまろやかにするだけではなく、専用コップに入れたまま冷蔵庫内で1〜3日保存しても鮮度が保たれます。

多めに作ってしまったり、作りおきができるのが便利です。

価格が高いので、大家族向けです。

子供と一緒に作りたい!安全設計は必須

搾る際に、ドラム部分が丸見えの低速ジューサーが多いので、子どもたちは結構、興味を示します。

そのため、作るときも、片付けるときも安全なものを選びたい!

という人には、「ベジフル」がオススメ。

カッターを使っていないので。

「ヒューロム スロージューサー」も万一、投入口に手や指が入ってしまったばいいでも、食材をすりつぶすドラム部分まで届かない設計になっています。

低速ジューサーは、基本、鋭利な刃やカッターなどを使わず、安全なものが多いので、片付けの際にも怪我の心配はありません。

毎日使うものなので、機能性だけでなく、できるだけ作る時間や後片付けの負担がかからないものを選びましょう。

低速ジューサーでよくある疑問

ジューサーから出たカスは捨てるしかない?

料理の具や植物の肥料に再利用できます

毎回出るカスには、第6の栄養ともいわれる食物繊維がたっぷり。

便通を良くする、絵k津駅中のコレステロールを減少させる、血糖値を下げるという働きがあります。

カレーやチャーハンの具、また餃子やオムレツの具にしてもOKです。

また、植物の肥料としても使えますよ。


皮つきのままに抵抗があるけど、大丈夫?

重曹水でつけ置き洗いを

農薬やワックスが気になる場合は重曹水につけ置きしましょう。

重曹水は水1リットルに対し、重曹小さじ3〜4杯、時間は30秒以内を目安です。

時間が長すぎると逆にミネラル、ビタミンが流れ出ます。


高速ジューサーとの大きな違いは?

回転数と価格帯の違いが一番の違いです。

高速回転タイプは

日本製で1500回展/分
外国製のものなら1〜2万回転/分

高速回転タイプのメリットは短時間に大量にでき値段が安いです。

安いものは、数千円からあります。

体質別「生ジュース」レシピ4選

1.胃腸と脾臓が弱い人向け生ジュース

レモンとほうれん草の生ジュース

2.体の不調がお腹に出やすい人向け生ジュース

パイナップルとさやいんげんの生ジュース

3.気管支炎が弱く風邪を引きやすい人向け生ジュース

オレンジとトマトの生ジュース

4.貧血気味で体力がない人向け生ジュース

キウイとセロリの生ジュース

胃腸と脾臓が弱い人向け生ジュース

食欲不振で、動くと息切れしやすいあなた!

筋肉も緩んで内蔵下垂などもあり、話をするのも億劫なほど疲れやすいタイプです。

また体が冷えやすく、むくみもあります。

<あなたの性格>

・内向的で、友人や仕事仲間と外食するのが苦手。
・無理をすると胃痛などの症状も!

<かかりやすい現代疾患>

・消化不良による栄養障害
・慢性胃炎
・便秘

<おすすめアレンジ食材>

・パイナップル 200g
・キウイ 130g
・にら 100g

レモンとほうれん草の生ジュース

倦怠感はもちろん、血管病の予防やむくみに効果を発揮するレモンに、内分泌に活力を与えるほうれん草をプラスしたすっきり生ジュースです。

体全体に栄養が巡り、うるおいを与えるので、ドライアイで悩む人にもおすすめです。

<材料1人前>
キャベツ 150g
りんご 170g
にんじん 100g
レモン 150g
ほうれん草 100g

1
農薬が気になる場合は、皮を剥いて

基本は皮つきのままカットしますが、農薬などが気になる場合は外皮をできるだけ薄く剥きましょう。


2
洗っても落ちない!泥のついたヘタはカット

泥がついているヘタの部分は取り除きます。

あとは投入口に入る大きさにカットします。

体の不調がお腹に出やすい人向け生ジュース

腎臓と脾臓を温める

体を温める機能が低下し、足先や手先など末端、そして下腹部が冷えているあなた。

水分代謝がうまくできないので、むくみが目立ち、頻尿、足腰が弱くなるなどの老化現象も・・・

<あなたの性格>
・スポーツが苦手でインドア派
・食が細く、アレルギーも多いので、家に引きこもりがち。

<かかりやすい現代疾患>
・メタボリック症候群
・過敏性腸症候群
・胃炎

<おすすめアレンジ食材>
・桃 200g
・キウイ 130g
・かぶの葉 100g

パイナップルとさやいんげんの生ジュース

下痢、消化不良、むくみに抜群の力を発揮するパイナップルに、皮膚や粘膜の健康を維持するさやいんげんをプラス。

また、「美容のビタミン」と呼ばれるビタミンB2も多く含みます。

肌の新陳代謝を高める働きも。

<材料1人前>
キャベツ 150g
りんご 170g
にんじん 100g
パイナップル 200g
さやいんげん 100g

1
硬い心や皮はしっかりカット

パイナップルは皮がついた状態で200gにカット。

その後、皮はできるだけ薄めにカットします。


2
1/3程度にカットして均等に

つけ置き、またはよく洗った後、そのまま、さやいんげんを1/3程度にカットします。

気管支炎が弱く風邪を引きやすい人向け生ジュース

肺と脾臓を温める気が不足

上半身にむくみや肥満が目立つあなた。
動くと息切れをして、汗をかきやすく、常に疲労感が残っています。

また、呼吸器系が弱く、風邪を引くと咳が長引く傾向に。

<あなたの性格>
・心身ともになる気がなく、家で、横になってゴロゴロとした生活を好みます。

<かかりやすい現代疾患>
・アトピー性皮膚炎
・喘息
・メタボリック症候群

<おすすめアレンジ食材>
・かぼす 150g
・すだち150g
・さやいんげん 200g

オレンジとトマトの生ジュース

呼吸器や皮膚をうるおし、乾燥によるさまざまな症状を治めるオレンジと、体内の余分な塩分を排出するむくみや高血圧を予防するトマトのジューシージュースは肌の悩みに効果テキメン!

<材料1人前>
キャベツ 150g
りんご 170g
にんじん 100g
オレンジ 200g
トマト 100g

1
取り除く皮は極力、表面だけを意識して

皮にも栄養があるオレンジ。

防カビ剤などが気になる場合は表面だけを取り、白い部分は残すようにしましょう。


2
ヘタを取らず、6つ切りにカット

栄養価の高いトマトは、皮はもちろん、ヘタも取らず、そのまま6つ切りにカット。

貧血気味で体力がない人向け生ジュース

中医学における気と欠が足りないあなたは顔が青白く乾燥肌。

全身栄養不足なので、常に疲労感があり、少し動くとめまい、貧血の症状も・・・。

気候や生活環境の変化に体が対応できません。

<あなたの性格>
・エネルギー不足なので家にこもりがち。
・精神が不安定なのでネガティブ思考になりがち。

<かかりやすい現代疾患>
・胃潰瘍
・過敏性大腸炎
・機能性頭痛
・便秘

<アレンジ食材>
・パイナップル 200g
・桃 200g
・にら 100g

キウイとセロリの生ジュース

強壮の効果を持つセロリと、1日分のビタミンCや造血に必要な銅も含むと言われるキウイは、全身に栄養を巡らせるベストコンビです。

栄養が満たされれば、精神面も安定し、心地よい眠りがかないます。

<材料1人前>
キャベツ 150g
りんご 170g
にんじん 100g
キウイ 130g
(1個)
セロリ 100g

1
セロリは葉と茎の両方を使用

葉と茎の両方をバランスよく使用。

繊維に沿って縦にカットすると、細胞が壊れにくくなります。


2
皮を取り除き6つ切りにカット

キウイは1個丸ごと使用します。

皮を剥ぎ、投入口に入れやすいように6つ切りにカットします。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする