ポーラB.Aセラムプリズルミナのキレイに魅せる秘密と口コミ体験

光輝く肌

ポーラが辿り着いたいきいきとした肌の秘密とは

オトナの女性は、内側から輝いている

美の基準、というものがあるとすれば、それは年齢とともに変わっていくものです。

若いときは、目がぱっちり二重が良い、とか、鼻がすーーとしているといった、顔のつくりばかりに偏りがち。

けれど、今「美しい女性」とは、造作のことはなく、その人のオーラ、雰囲気などです。

  • 表情
  • 作法
  • 仕草

などから放たれる魅力こそが、大人の女性における「真の美しさ」だと、40代、50代になってくると感じます。

言い換えると、

その人の内面から時放たれるような「輝き」
生きる喜びが溢れ出すような「明るさ」

それらが、一人の女性として存在感を際立たせ、

「また会いたい」
「もっと話を聞きたい」

という感情を、人々に残り香のように与えているように思います。

そんな「魅力」の正体。

その一つが、「肌」の印象です。

私達の肌は、表面だけではなく肌の内部の状態が見た目にかなり影響します。

その肌の内側の光反射に着目したのが、ポーラB.Aブランドから発売された新美容液「B.Aセラムプリズルミナ」です。

あなたの肌を、光放つ肌へ。

ポーラB.A セラム プリズルミナ

40ml 20,000円

ポーラBAセラムプリズルミナ

弾むように健やかな「好印象肌」を手に入れる

独自成分「BPルミナエキス」のほか、肌のハリ感をサポートする「BAコアリキッド」を配合。

すばやく浸透し、肌にツヤを与える「スピーディー&グロー浸透処方」で濃厚な感触のセラムがじっくりと肌を満たす。

ポーラ公式サイトを見る

https://www.pola.co.jp/

ポーラB.A セラムプリズルミナの口コミ

-43歳-
乾燥くすみ肌にうれしい美容液です。

乾燥してくすみやすい肌質なので、潤いは常に欠かせません。

これをつけると肌がたっぷり潤って明るく。

みずみずしい透明感もお気に入りです。

-45歳-
すぐにまた使いたくなる感触と肌の仕上がり

肌にすっとなじみ、たっぷりの潤いでキメもふっくら整って、まるで自分の肌そのものが生き生きと元気になるような感覚。

今、ハマっています。

-50歳-
若い頃の肌の輝きってこうだった!?

単純な白では絶対に手に入らない肌全体のキレイへの期待感高まる使い心地。

-48歳-

濃密なのにすっと溶け込んでいくテクスチャーも絶品。

肌が放つ光の重要性を使う度に再認識させられる

-42歳-

軽やかにのびてうるおい感も凄い。

これを使い始めたらベースメイク時に仕込んでいたグロウ下地が不要に。


私が使ったプリズルミナを見る

B.Aセラム プリズルミナを実感する使い方

朝 1プッシュ
夜 たっぷり2プッシュ

ローションのあとに顔全体になじませます。

その後は、愛用のミルクやクリームなどでしっかり保湿をしましょう。

使い始めると同時に、日に日に明るさと輝きが増し、弾むような生命感のある肌へと導きます。

美しい印象は、肌色だけでなく、「光」が大事

ポーラは、肌内部に存在する物質に注目。
最先端の独自成分と新処方で、新しい美容液を作りました。

肌自らのチカラを引き出し、内側から光輝く。

「光」を操れる肌。

それが、40代、50代の目指す「美しい女性」です。

どうしても小さなシミや、「白い」「浅黒い」といった肌色ばかりに引きずられます。

けれど、他人が見る「肌印象」ってそれだけじゃありません。

中でも、ポーラは、「光」に注目しています。

年齢とともに透明感を失いがちですが、そこで、「肌がはね返す光の量」をもっと増やすと、透明感って維持されるのでは?

と考えて、ポーラは、

「肌がはね返す光の量」をどうやって増やせばいいのか、研究しました。

中でも、ポーラが注目した成分は、

ルミカン

です。

真皮のコラーゲンまわりに存在しています。

今まで、コラーゲン線維を均一の太さに整え、ふっくらとしたハリを作っていると思われていた「ルミカン」ですが、肌の印象にも関係していることがわかりました。

受けた光をいろんな色(波長)の光に変換し、跳ね返していたことがわかったのです

ところが、この「ルミカン」。

やはり年齢とともに減ります。

そこで、ポーラは、オリジナル複合成分「BPルミナエキス」を開発。

「ルミカン」の働きに注目し、生命感溢れるような光を放つ肌を目指しています。

<美肌の秘密:ルミカンとは?>

ルミカンは光をさまざまな色の光に変換して、より多くの量を跳ね返す。

コラーゲンやヒアルロン酸は受けた光を変換するチカラが弱い。


ポーラ公式サイトを見る

加齢で減少する「ルミカン」が生き生きとした美しさの鍵

シミやソバカスを防ぐために美白ケアは有意義なものですが、肌色の価値は人それぞれ。

色白=美白

というイメージがありますが、そうではありません。

それよりも共通して、言えることは

光をたっぷりとまとった肌は、生命感にあふれ、生き生きと明るく輝いて見える


ということ。

ポーラはここに着目して研究を重ね、その鍵が肌の中の「ルミカン」という物質であることを発見しました。

肌は光を受けると、その約95%が内部に入り、そのうち40%は吸収されます。

残り、55%は、肌内部の物質に跳ね返され、外に出ていきます。

「真皮層にある物質・ルミカン」には、受けた光を可視光領域のさまざまな波長の光に変換して反射する作用があります。

ルミカンの量が多いと肌は多彩な光を多く跳ね返し、生き生きと輝いて見えるというわけです。

もちろん、肌の中で産出されるルミカンは、年齢によって減りますよ。

<ルミカンの多い肌>

ルミカンの多い肌

肌内部のルミカンの量が多い肌ほど、受けた光をよりさまざまな波長の光に変換し、その光をより多量に跳ね返しています。

そのため、よりイキイキ生命感あふれる肌に見えます。

<普通の肌>

普通の肌

肌に受けた光は約5%が肌表面で反射。
約95%が肌内部へ。

そのうち40%は、肌に吸収され、55%が肌内部で跳ね返されます。
ルミカンが少ないとその光の量は少量に。

美しい肌になるための2つのポイント

1
光の量

生命感あふれる生き生きとした肌色の秘密は、「多彩な光の量」

肌が受けた光を肌がしっかりと跳ね返すと、肌が明るく見えます。


2
ルミカン

「ルミカン」が多い肌は、多彩な光を多く跳ね返す


「ルミカン」とは

肌の真皮層のコラーゲン線維の周りに存在し、肌の弾力に関わるタンパク質の一種

同時に、肌が受けた光をさまざまな波長の光に変換し、多く跳ね返すチカラを持っています。

生き生きと明るい肌色をかなえる鍵は、肌内のルミカンを減らさずキープすること


◯B.A セラム プリズルミナ
40ml 20,000円

ポーラBAセラムプリズルミナ

生命感あふれる、生き生きとした肌色を目指す美容液が誕生!

ベストコスメ178冠を達成した「B.A」から誕生した新美容液が注目したのが、「ルミカン」。

肌自らのチカラを引き出すという発想のもと、生命感のある明るい肌を目指し、オリジナル成分「BPルミナエキス」などを配合。

肌にすっとなじみ、輝くようなツヤを与えます。
ポーラ公式サイトを見る

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする